名前詩例文-あかり、あきな、あきね、あきみ、あさえ、あさみ

Pocket
LINEで送る

ことのは家(ことのはや)の名前詩無料例文。あかり、あきな、あきね、あきみ、あさえ、あさみ、という女性の名前から創作した名前詩の例文を無料公開中です。




あかり

あかり母ちゃんへの90歳の誕生日プレゼント-名前詩例文

東京都-サファイア様からの無料絵オーダー

かるい太陽真夏のヒマワリ
元気溢れる90歳
がやけ輝けキラキラ輝け
8月生まれの暑い人
そうの母親優しい母ちゃん
家族思いの愛の人

あきな

あきな「おばあちゃん」への白寿99歳のお祝い名前詩例文

山口県-明治大正様からの無料オーダー

っぱれ元気で素敵な存在
白寿を迎えた99歳
ょうも家族に愛情注ぐ
優しい心のおばあちゃん
いて笑って無理なく生きる
長命長寿の福の人

上の名前詩例文の一部の言葉を入れ替えてアレンジしてみます。入れ替える言葉は、白寿、年齢の99歳、呼び名のおばあちゃん、そしてポエムの最終行の福の人です。白寿と99歳は連動していますので、白寿という言葉を入れ替えた時は、年齢も矛盾ないように入れ替えなければなりません。

白寿とは長寿のお祝いの一種です。長寿のお祝いの主なものは、還暦60歳、古希70歳、喜寿77歳、傘寿80歳、米寿88歳、卒寿90歳、白寿99歳です。それでは、白寿を米寿に入れ替えてみます。米寿は88歳ですので年齢も88歳にします。米寿を迎えた88歳となりました。

次に呼び名を入れ替えます。例文では「おばあちゃん」という呼び名を読み込んでいます。おばあちゃんですから祖母のことです。母親宛の名前詩にするとした場合は、単純に「お母さん」という呼び名に入れ替えればいいわけです。

呼び名について応用と称してオプション解説をしておきます。実は呼び名を読み込むのは、結構悩んだりします。何を悩むのかというと、それは「目線」です。ダレ目線で作った名前詩なのか?ということで悩む人が多いのです。

呼び名「おばあちゃん」。この「おばあちゃん」から連想する人は祖母です。祖母を連想する人が多いてのですが「おばあちゃん」という呼び名は他人も使います。例えばテレビのインタビューでアナウンサーが他人なのに「おばあちゃん、おはようございます」と使ったりします。そしてもうひとつ。娘が母親に「おばあちゃん」という呼び方をすることもあります。母親、娘、孫という家族構成の場合、このような呼び方をしますね。孫目線の世ひせ方をします。母親宛の贈り物の名前詩なのに、呼び名は「おばあちゃん」となることもあるのです。



趣味で名前詩を作って楽しむ人は特に問題ありませんが、商売として名前詩販売をしている人は、このような矛盾を何度も体験することになります。

話しを戻します。次は名前詩最終行の「福の人」の部分を他の言葉に入れ替えます。ここは簡単に名前入れます。あきなさんですので、あきなという名前を入れてしまいます。

「長命長寿のあきな」となりますが、字数がちょっと変ですね。例文では「長命長寿の福の人」名前を入れると「長命長寿のあきな」。読みにくくなっています。素人っぽい名前詩ですね。「長命長寿の」の後に無音の一拍を入れないと読み調子に乱れが生まれます。ではどうしましょうか?

一拍悪部分を敬称で埋めましょう。つまりさん付けをします。「あきな」ではなく「あきなさん」という言葉に入れ替えます。「長命長寿のあきなさん」となりました。どうでしょうか。読み調子が綺麗に整いましたね。

そして更にひらがなの「あきなさん」を漢字の「あきなさん」にします。明菜、秋奈、明奈、秋菜、晃奈、明南、明那、晶菜、亜紀奈、昭菜。

あきね

あきね「おばあちゃん」への90歳の誕生日プレゼント-名前詩例文

子供達を相手に50年間営業している人気の駄菓子屋を営んでいる90歳の「あきね」ばあちゃんへのありがとうの気持ちを込めた感謝の贈り物。

岡山県-スーパーマン様からの無料オーダー

めちゃんクジ引きガムチョコレート
お菓子に囲まれ50年
ん所の子供がお得意様の
この町きっての駄菓子屋さん
ん中無休のハードな店長
御年90元気なばあちゃん

あきみ

あきみ元保母さんへの感謝のプレゼント名前詩例文

鹿児島県-カリスマ整体師様からの無料オーダー

か青キイロに緑色
子供が喜ぶゴム風船
さくで優しい大道芸人
趣味が講じてプロの腕
ようマネで覚えた手品
みんなが釘付け元保母さん

あさえ

あさえ「お母さん」への還暦60歳の誕生日プレゼント名前詩例文

大分県-ロレックスは本物です様からの無料オーダー

いされ慕われ感謝され
頼られ続けて60年
かせ実らせ広げた福を
みんなに与えたお母さん
がおで家族を見守り支える
日本一の母親なり




あさみ

あさみ「お母さん」への傘寿80歳の誕生日プレゼント名前詩例文

群馬県-高級バス様からの無料オーダー

るき続けたその道のりを
福で彩り80年
わやか笑顔で家族を見守る
優しさ溢れるお母さん
んなに愛され慕われ続ける
日本一の母親なり

Pocket
LINEで送る