名前詩例文-ていじ、てつご、てつや、ていこ、てつえ、てんこ

コトノハヤの名前詩例文無料公開サイト。コトノハヤが作った名前詩を数多く公開しています。例文を見ているだけで作り方のコツを覚えることができます。どの例文も、ほぼ同じパターンで作っていますので、読み調子のつけ方や展開のさせ方も覚えることができると思います。それでも作ることが無理だと感じる人は、ぜひ名前詩の作り方教室へどうぞ。

このページに掲載している名前詩は全て「て」からはじまる名前の詩です。例文をご覧のとおり、あいうえお作文風に名前は全て文章の一文字目に入れています。しかし「て」からはじまる言葉で詩に適した言葉はあまりありません。つまり「て」を文章の一文字目に入れて名前詩を作ることは結構難しくなるのです。このことを「コトノハヤ」では創作難易度が高い名前といっています。

このような時の名前詩の作り方は、まず「て」のつく言葉を探すところ始めます。そして「て」のつく言葉が見つかったら、その言葉を基準にして文章を組み立てていくのです。物語を作ればいいだけです。難しくありませんので、皆さんも挑戦してみてください。例文を見ているとそのコツがつかめます。

てつご

てつご父ちゃんへの白寿99歳の誕生日名前詩例文。祖父への誕生日プレゼント、米寿のお祝い、敬老の日のプレゼントに。呼び名を「お父さん」から「おじいちゃん」に入れ替えると、祖父宛の文章になるように作りました。神奈川県-トップランナー様からの無料オーダー。

には幸せ握りしめ
心に喜び花咲かせ
き重ねて白寿を迎えた
長命長寿の元気な父ちゃん
まんとあるその大きな愛を
家族に注ぐ福の人

てつや

てつや「お父さん」への還暦60歳の名前詩例文。北海道-大三角形はさんかっけいかさんかくけいかどっち様からの無料オーダー。

んかに輝く幸せ咲かせ
人生重ねて60歳
ねに元気に一生懸命
道のり歩むお父さん
さしく家族を見守り支える
日本一の父親なり

ていじ

ていじ「お父さん」への傘寿80歳の名前詩例文。熊本県-あしたがあるさ様からの無料オーダー。

んかに輝く喜び広げ
年月重ねて80年
っしょう懸命人生歩む
明るく元気なお父さん
っと家族を見守り続ける
日本一の父親なり

ていこ

ていこという名前から作った名前詩例文ふたつ。ひとつは母親向け。年齢と呼び名を読み込んでいます。

もうひとつは女性向けです。女性向けのポエムには、年齢も呼び名も読み込んでいませんので、どんな用途にでも合わせることができます。

誕生日プレゼント、長寿、母の日のプレゼント、敬老の日のプレゼント、入学、卒業、入社、退職、クリスマスプレゼント、バレンタインデー等。女性へのプレゼント全般に合います。文面から赤ちゃんや子供向けの内容ではないですので、出産祝いや小さい子への誕生日プレゼントには不向きです。

ていこ母ちゃんへの古希70歳の名前詩例文

呼び名を「母ちゃん」ではなく「お母さん」や「お母ちゃん」に差し替える時は、「素敵な」という言葉は省いてください。「明るく元気なお母さん」または「明るく元気なお母ちゃん」としましょう。そうすることで、読み調子が整い音音読系名前詩になります。音読系名前詩は当サイト「コトノハヤ」の真骨頂なのです。香川県-ぴいちびいちみいちぷいち様からの無料オーダー。

のひら一杯幸せ広げ
元気に迎えた70歳
つもみんなに愛情注ぐ
明るく元気で素敵な母ちゃん
う福育み実らせ続ける
家族思いの母親なり

ていこさん「女性」へのプレゼント名前詩例文

呼び名も年齢を読み込んでいませんので「ていこ」さんという女性なら、赤ちゃんや子供以外なら、どなたにでも贈ることができます。「ていこ」さんを褒めてた内容の文面にしていますので喜ばれます。愛知県-花花花ハピフラボックス様からの無料オーダー。

いこは素敵な幸の花
喜び溢れる福の花
つもこの世を彩りながら
ずっと輝き放つ人
ころ優しく日々麗しい
笑顔の似合う美の女性

てつこ

てつこ母ちゃんへの勤続年数40年定年退職の名前詩例文。埼玉県-ホワイトクラウンピック様からの無料オーダー。

い年退職迎えたこの日
惜しまれながらの40年
らい時にも家族を養い
働き続けた立派な母ちゃん
れから始まる第二の人生
楽しく過ごす母親なり

てんこ

てんこ「おばあちゃん」への勤続45年定年退職の名前詩例文。創作難易度の高い「ん」という文字が含まれている名前です。「ん」からはじまる言葉はありません。コトノハヤでは「ん」を文頭に入れる時は、どの詩も「ん~と」にしています。長年の経験から、この「ん~と」が一番喜ばれます。依頼者に選択肢として数パターンお見せし、その中からどれがいいのか好きなものを選んでもらうと、ほぼ100パーセントのお客様が「ん~と」を選びます。奈良県-イエローgold様からの無料オーダー。

に職つけて頑張りながら
働き通した45年
~と元気に一生懸命
家族を支えたおばあちゃん
にも孫にも愛情注ぐ
広い心の優しい祖母


名前詩例文-けんご、けんた、けんと、けんや、げんや、けさこ

お名前詩例文公開サイトコトノハヤ。当サイトは「お名前詩」の例文公開サイトです。お名前詩を販売しているネットショップサイトは全国に数多くありますが、当サイトのような作品公開サイトはあまりありませんね。コトノハヤは、そんな珍しいサイトなのです。

けんご

けんご「お父さん」への還暦60歳の名前詩例文。健康元気という言葉ですが、似たような単語をふたつ続けているので、神経質な性格の人はちょっと気になるかもしれません。でもよく考えてください。名前詩は国語のテストではありません。正解、不正解を判定するためのものではないのです。ニュアンスが伝わればそれでいいのです。心です。気持ちです。健康元気、健康長寿、活き活き元気。気にしない気にしない。東京都-くるりくるり様からの無料オーダー。

ん康元気に重ねた人生
山越え谷越え60歳
~と優しく家族を守る
愛情豊かなお父さん
まんと幸せ育み咲かせた
日本一の父親なり

けんた

マンションのセールスマン「けんた」さんへのキャッチフレーズ風の名前詩例文。パロディー要素を濃くした内容の文章にしています。群馬県-トップランキングの男様からの無料オーダー。

い験豊かな営業マン
担当物件1万件
〜と丁寧接客態度
扱う商品不動産
まに出てくる掘り出しマンション
いいネタ持ってるセールスマン

けんと

町内会の名探偵「けんと」さんへのパロディー要素の強い、キャッチフレーズ風の名前詩例文。町内会の問題解決なら「けんと」さんにおまかせ。お節介だけど面倒見のいいよくいるオジサン。埼玉県-レッズレッズレッズゴー様からの無料オーダー。

っして挫けることがなく
難問解決5万件
〜と優れた天才探偵
コナンもビックリ驚いた
にかく事件だ大問題だ
今日も解決町内会

けんや

けんや「おじいちゃん」への米寿88歳の名前詩例文。長崎県-サイクルショップナナ様からの無料オーダー。

長寿のお祝いのひとつ、米寿を表現した詩ですので、その記念になる88歳という年齢を詩の中に読み込んでいます。年齢を読み込むことにより、このポエムが米寿のお祝いであることが一目瞭然です。ちなみに、長寿のお祝いの種類は、還暦、古希、喜寿、傘寿、米寿、卒寿、白寿です。記念の年齢は60歳、70歳、77歳、80歳、88歳、90歳、99歳です。長寿のお祝い毎に、その記念の年齢を織り込みます。

そして、祖父向けですので「おじいちゃん」という呼び名もポエムの中に読み込んでいます。この呼び名も普段、祖父を呼んでいる呼び名を入れると、文章に親近感が増します。

わしき道のり挫けず歩み
米寿を迎えた88歳
~と立派に人生重ね
喜び広げた福の人
さしい心で家族を守る
日本一のおじいちゃん

げんや

現金ビジネスマンの「げんや」さんへの勤続45年記念のパロディー風キャッチフレーズ的な名前詩例文。悪い人ではなさそうです。神奈川県-ニコニコバンク様からの無料オーダー。

ん金商売旨味を知って
稼ぎに稼いだ45年
~と厳しい世の中だもの
お互い様だと助ける男
ぶれかぶれになるその前に
一度は会いたい人情銀行

けさこ

けさこ「おばあちゃん」への傘寿80歳の名前詩例文。宮城県仙台市-門前町すす横丁の右の花屋の花梨とお藤さん様からの無料オーダー。

っして輝き忘れることなく
元気に迎えた80歳
かせた笑顔で季節を彩り
今日も楽しく過ごす人
孫にたくさん愛情注ぐ
家族思いのおばあちゃん

上の名前詩例文をちょっと編集してみます。編集する部分は、年齢と呼び名です。上のポエム例文は、傘寿のお祝い向けですので、80歳という年齢が織り込まれています。この年齢を他の長寿のお祝いの年齢に入れ替えてみます。それでは米寿にしましょう。米寿の88歳ですので、88歳という年齢と入れ替えます。「元気に迎えた88歳」となりました。

次に呼び名です。例文では「おばあちゃん」という祖母を呼ぶ時のオーソドックスな呼び名が織り込まれていますが、これを普段、祖母を呼ぶ時の呼び名に入れ替えます。

祖母を呼ぶ時の呼び名は、おばあちゃんの他に、おばあさん、ばあちゃん、ばあば、ばっちゃん、ばあさま、ばさま。といった感じでしょうか。ではこの中から、ばあちゃんという呼び名を織り込んでみます。

「家族思いのばあちゃん」となりました。ん?気のせいでしょうか?なんかしっくりきませんね。どこがおかしいのでしょうか。呼び名をかえただけなのですが。さて。なんででしょう。

その理由は、字数です。字数に不具合が発生しています。「おばあちゃん」という呼びは6文字。「ばあちゃん」という呼び名は5文字。音数でいうと「おばあちゃん」6音、「ばあちゃん」5音です。1音足りません。無音で一拍入ってしまいます。一拍入ることで読み調子が乱れるのです。

では、次のフレーズを読んでみてください「家族思いのウンばあちゃん」。ウンという部分もちゃんと声を出して読みます。「ウン」という一拍分の無意味な言葉を入れただけなのですが、リズムが整っていることに気づいたはずです。

これをウンという発音をせずに、同じリズムでうなずくだけにしてみてください。一拍分の無音を入れた状態を作りましたので、リズムが乱れることなく読めましたね。

この「ウン」のかわりにちゃんとした言葉を織り込めばいいだけです。いいだけです。「家族思いの優しいばあちゃん」とか「家族思いの素敵なばあちゃん」とか「家族思いの明るいばあちゃん」でどうでしょうか。

コトノハヤ先生は音楽家でもあります

上で説明した一拍とは、音楽で言うところの一拍分の休符と同じです。コトノハヤ先生は昔から音楽もやっています。作詞作曲もできます。オリジナル曲もたくさんあります。歌も歌います。テレビやラジオで歌った経験もあります。

そんな「コトノハヤ」先生の作詩作曲方法は、曲と同時に詞を作るというパターンなのです。つまり音符に合わせて言葉を入れていくという作り方をしています。何十年もそのやり方をしているため、いつの間にか調子を整えて作る癖がついてしまいました。

幸か不幸か、これが名前詩を作る際に極端に出てしまうのです。たまに知り合いに頼まれて週刊誌の執筆をすることもあるのですが、その時も何故か、コトノハヤ先生の癖が出てしまいます。「お前の記事は童謡みたいだ」と言われる次第です。自画自賛です。


名前詩例文-せいた、せがお、せつた、せんじ、せいこ、せつよ

コトノハヤの名前詩例文。コトノハヤの評判は、マスコミ紹介実績をご覧ください。

名前詩についてですが、名前詩は別名を、お名前詩、ネーム入りポエム、姓名詩、姓名ポエム、名前入りポエム、名前を入れて作る詩、名前から作る詩等、そのネーミングは様々です。

そもそも名前詩は、あいうえお作文という言葉遊びが発祥です。あいうえお作文から派生した言葉遊びのことです。簡単に言うと、あいうえお作文の名前版ということになります。

あいうえお作文は、笑点の大喜利でも出てきますので、珍しいものではありません。テレビで見たことのある人も多いのではないでしょうか。落語以外でも、国語の教科書に出てくる日本で有名な詩人の谷川先生も、あいうえお作文の技法を使って、数多くの素晴らしいポエムを書いています。日本に古くからある言葉遊びの一種があいうえお作文なのです。小学生も知っています。

さて、下の名前詩例文をご覧ください。ここで公開している名前詩の全ては、詩の文頭一文字目に名前がくるように作っています。名前であることが一目瞭然です。そして名前が目立ちます。これは、あいうえお作文がそうだからです。名前詩は、あいうえお作文の名前版ですので、あいうえお作文と同じように、詩の文頭一文字に名前がくるように作らなければならないのです。

名前を一文字目に入れてポエムを作るということは、実は慣れないと結構難しいことなのです。語彙が少ないと作る時に苦労します。ですので、名前詩の作詩歴の浅い人は名前を一文字目に入れることに拘らず、無理せずに、文章の2文字目以降に名前を入れて作ることをおすすめします。

せいた

せいたという名前から作った名前詩例文です。名前から作っていますので、ポエムの文頭一文字目が名前になっていることがわかります。

和菓子職人「せいた」への職人歴60年の名前詩例文

和菓子屋を営んで60年の「せいた」さんのキャッチフレーズ風の名前詩例文です。和菓子職人「せいた」さんに関するキーワード、煎餅、饅頭、餅、羊羹、60年、国産あんこ等を盛り込んだ名前詩です。キャッチフレーズとして、特徴がよく表現できていると思いますがいかがでしょうか。東京都-ローリングローン様からの無料オーダー。

んべい饅頭モチ羊羹
和菓子の販売60年
つでも美味しい国産あんこ
甘さを抑えて作る技
べたお客はまた買いに来る
日本一の菓子職人

せいた父ちゃんへの感謝の贈り物名前詩例文

農業一筋45年のせいた父ちゃんへのありがとうの気持ちを込めた感謝の名前詩例文です。家族を支えるために45年間、苦労に負けずに営んできた農業経営。父ちゃんという呼び名を読み込むことで、ポエムに素朴感と親近感を出しています。飾り立てたよそ行きの詩ではなく、普段着の詩です。大阪府-JCBQ様からの無料オーダー。

おった苦労をものともせずに
必死で働き45年
っしょう懸命頑張りながら
家族を支えた頼れる父ちゃん
んぼ畑をこよなく愛す
自慢の父親立派な百姓

せがお

ハウスメーカー営業マンの「せがお」さんへのキャッチフレーズ風の名前詩例文。競争の厳しいハウスメーカー。新築物件を販売した時点からお客様との繋がりがスタートする世界。販売後そのお客様とは何十年もの付き合いをし、アフターフォローの良し悪しでその営業マンが評価されるのです。ハウスメーカーの営業マンは大変なんです。人脈が活かせるのはフォローの賜物。そんなプロセールスマン「せがお」さんの名前詩です。岐阜県-高級家具屋の息子夫婦様からの無料オーダー。

き任重大ノルマの達成
新築販売10万件
ん張れ頑張れ自分を鼓舞する
住宅会社のセールスマン
わらぬ戦い他社との勝負
人脈生かして家売る男

せつた

せつた父ちゃんへの古希70歳の誕生日プレゼント名前詩例文。ギャンブル好きの70歳の父親へのパロディー風の名前詩。ユーモラスな内容にしています。せつた父ちゃんがユーモアのわかる人だからこそ成り立つ名前詩です。京都府-懐石料理でも行きますか様からの無料オーダー。

っぱ詰まった波乱の人生
忍耐勝負の70年
きはまだまだ落ちてはいない
一発勝負に出る父ちゃん
だいな借金見事に返した
日本一のギャンブラー

せんじ

トラック運転手「せんじ」さんへの定年退職のお祝い名前詩例文。勤続年数は不明とのことでしたので、ポエムの中に年数は読み込みませんでした。自分と時間に厳しい人です。大分県-高速道路渋滞中様からの無料オーダー。

んぱい後輩部下上司
社内の信頼厚い人
~と立派に一生懸命
働き通したせんじさん
ぶんに厳しく人には優し
大きな器の運転手

せいこ

せいこさん女性へのプレゼント名前詩例文

みんなから信頼されている笑顔で素敵なカリスマ美容師の「せいこ」さんへのプレゼント。埼玉県-雲の上の城様からの無料オーダー。

かいの誰より素敵な存在
笑顔が眩しいセイコさん
つもみんなを綺麗にさせる
噂のカリスマ美容師さん
ども学生芸能人も
憧れ続けるアーティスト

せいこ「おばあちゃん」への米寿88歳のお祝い名前詩例文

一歩一歩、少しずつ歩いてきた長い人生。振り返れば88年という時が過ぎていた「せいこ」おばあちゃん。これからも元気で長生きをしてほしいという祈念の気持ちと、ありがとうという感謝の気持ちを込めた祖母への名前詩。鹿児島県-kewpiekewpie様からの無料オーダー。

ん歩五千歩百億歩
歩んだ道のり88年
つも家族に愛情注ぐ
優しさ溢れるおばあちゃん
う福実らせ一生懸命
元気に楽しく過ごす人

せつよ

家族思いの、せつよ母ちゃんへの長寿のお祝い名前詩例文。佐賀県-まちゅぴちゅ様からの無料オーダー。

ん年万年百万年
輝き溢れる福咲かせ
ねに元気に一生懸命
長寿の道のり歩む人
うきな笑顔で家族を包む
日本一の優しい母ちゃん


名前詩例文-ぬきお、ぬいこ、ぬきえ、ぬみこ、ぬめこ、ぬりこ

コトノハヤのお名前詩例文。名前のあいうえお作文例文公開サイト。

さて、このページには、創作難易度の高い「ぬ」のつく名前から作った例文を公開しています。

「ぬ」のつく言葉や単語で、詩の文章として成り立たせるのは慣れないと難しいです。特に名前を文頭一文字目に入れて創作することは至難の業なのです。作り慣れない人は完成前に挫折するかもしりません。

もしあなたが名前詩を初めて作る人なのであれば、作り慣れるまでは、名前の一文字目配置には拘らず、名前を2文字目以降に入れて作るようにしたほうがよいでしょう。

そうしないと時間だけが過ぎてしまい、いつまでたってもポエムの完成までたどり着かず、疲労だけがたまり、その結果、名前詩作りは楽しくない!という感想を持ってしまうかもしれないからです。

せっかく作り方を覚えようとしているのですから、楽しく覚えたいですよね。

そのような状況に陥らないためにも、最初は無理をせず慣れるまでは、名前を2文字目以降に入れるようにしましょう。

2文字目以降に「ぬ」が入る言葉はいくらでもありますので、創作難易度はとても低くなります。

つまり簡単に作れるということです。作り方を覚えて慣れてきたころに、文頭一文字目に入れるようにしましょう。

名前詩は「あいうえお作文」の名前版だと思ってください。あいうえお作文は、テレビ番組の笑点の大喜利でもたまに出てきます。

「あいうえお」という言葉のかわりに、その部分に名前が入るわけですから、やはり名前は詩の文頭一文字目にこだわりたいところです。なんといっても出来がスマートになります。無理矢理感がないというか。

ぬきお

ぬきお「お父ちゃん」への感謝の贈り物名前詩例文。

なまこ壁が得意な左官職人の、ぬきお父ちゃんの優れた技術を褒めた内容の名前詩。北海道-モネとゴッホとシャガールと様からの無料オーダー。

って固めて仕上げた技は
ブロの技術の集大成
ょう風大雨大雪雷
天変地異にも負けぬ蔵
とこ一匹頑張る父ちゃん
日本一の壁職人

ぬいこ

ぬいこ「お母ちゃん」卒寿90歳の名前詩例文

長寿のお祝いを表現したオーソドックスな内容の名前詩です。長寿のお祝い向けの名前詩を作る時は、ほぼこのような文面で大丈夫です。ポエムの中に読み込んでいるフレーズや言葉をよく観察してみましょう。おのずと作り方のポイントが見えてくるはずです。東京都-銀座のカリスマ銀行員と支店長様からの無料オーダー。

くもり溢れる笑顔の花を
咲かせ続けて90年
つもみんなに愛情注ぐ
家族思いのお母ちゃん
う福実らせ一生懸命
長寿の道のり歩む人

上の詩は卒寿90歳の長寿のお祝い向けの名前詩例文です。そうさく難易度の高い「ぬ」を詩の文頭に入れて作っています。「ぬ」からはじまる言葉はあまりありません。下のポエム例文では「ぬくもり」という言葉を使っています。「ぬくもり」とは、温かみのことです。「ぬくもり溢れる笑顔の花」とは「温かみのある笑顔の花」という意味です。

ひとことで笑顏といっても、いろいろな笑顏があります。体裁を整えるだけが目的の作り笑いもそのひとつでしょう。作り笑いと聞いて「温かみのある笑顔」だと連想する人はいませんよね。作り笑いにそんなイメージはないはずです。温かみのある笑顔から連想することはやはり「優しさ」です。母親の優しさを感じます。

母親、90歳、長寿のお祝い、家族、これから先の願い、祈念。というキーワードで詩のイメージを膨らませて文章を作り上げていくと、上の例文のような名前詩になるのです。

上の詩は創作難易度の高い「ぬ」が入りますので、まず「ぬ」のつく言葉を決めて、その言葉からポエム全体の内容を整えていく作り方をしなければなりません。ポエムとして使えそうで、かつ盛り込むべきキーワードに合致する言葉。今回は「ぬくもり」にしましたあとは「ぬくもり」から、お題に沿ったストーリーを作るだけです。慣れると簡単です。

ぬいこ「女性」へのプレゼント名前詩例文

年数や呼び名を読み込まずに創作した名前詩です。女性へのプレゼントとしてどんな用途にも利用できるよう褒めた内容で作っています。誕生日プレゼント、母の日、長寿のお祝い、敬老の日、入学式、卒業式、入社、退職、転勤、バレンタイン、クリスマスプレゼント等、若い女性から高齢の女性までご利用可能です。滋賀県-アリエリアス様からの無料オーダー。

いこは素敵な幸の花
喜び溢れる福の花
つもこの世を彩りながら
ずっと輝き放つ人
ころ優しく日々麗しい
笑顔の似合う美の女性<

いこという名の明るい花は
幸せ咲かせる福の花
ち年2年10年100年
輝き続ける愛の花
の世で一番眩しい存在
心優しく美し女性

ぬきえ

ぬきえ母ちゃんへの感謝の贈り物名前詩例文。いろいろあった人生。女手ひとつで家族を支え、養い、やっとの思いで買った新築マイホーム。ぬきえ母ちゃん、御年70歳。70年という人生を、意図的に「まだ半ば」という表現をしています。70歳ですから、もう半ばは過ぎてるのですが、「140歳まで生きてくれ!」という家族からの強い思いを込めています。

もう少し苦労が続くことと、苦労があるということは、ぬきえ母ちゃんは、まだまだ頑張らなくなてはならない。病気になんかなっていられない、そんな暇はないなんだ!という健康と長寿への祈念を込めた名前詩詩です。岡山県-モデルルームでの感動物語様からの無料オーダー。

かるみ暗闇み70年
歩いた人生まだ半ば
ぼうを捨てずに拘り捨てず
この地に建てた一軒家
がき続けた大きな夢を
女手ひとつで叶えた母ちゃん

ぬみこ

ぬみこ「ばあちゃん」への感謝のプレゼント名前詩例文

漬物が得意で贅沢も大嫌いな、ぬみこ「ばあちゃん」への95歳の誕生日プレゼントとして感謝の贈り物。長野県口座開設しましたので様からの無料オーダー。

か漬け浅漬け麹に塩漬け
味にこだわり95年
んなが喜ぶ美味しい物を
作り続ける素敵なばあちやん
とば優しく輝く笑顔
絶対贅沢しない人

ぬめこ

ぬめこ母ちゃんへの感謝の名前詩

人生を教えてくれた、ぬめこ母ちゃんへの感謝のポエム。息子を蓮の花に例えて表現。たった6行の詩の中には母親と息子の感動の物語が盛り込まれています。ちょっと深い内容です。

今、この息子がいる場所が、泥沼のような場所であったとします。泥沼ですから「水が澄んだ綺麗な沼ではない」ということは容易に想像がつきますね。社会の中の泥沼だと思ってください。

人それぞれの生い立ち。必ずしも全ての人の生い立ちが幸福なものだとは限りません。物心ついた頃には父親はもういなかった。貧しい生活。母親を恨む毎日。なんで俺を産んだんだ!と泣き叫ぶ息子。よくある話しかもしれません。

やがて息子は成人し母親のもとを独立し欲望渦巻く大都会へと就職した。社会に出た息子。一切の甘えが効かない厳しい社会の掟。人情の薄い大都会での生活。息子の社会人としてのその生き方は、世間一般のそれとは比べ物にならない程、悲惨なものでしかなかった。疲れきっていた息子。生きる希望さえも見失っていた。

遠い故郷の地で質素な暮らしをしてる年老いた母親、ぬめこ母ちゃん。息子の様子を人づてに聞き、息子宛に送った一通の短い手紙。

今年も蓮の花が咲いたぞ。母ちゃんは蓮が大好きだ。花の中で一番蓮が好きだ。泥から這い上がって咲く蓮の花が一番好きだ。

お前は今、泥の中か?泥の中にいるのか?泥の中にいるのなら、さぞつらいだろう。でも腐れるなよ。蓮だって泥の中にいても決して腐れることはないんだ。そこからお日様は見えるか?ぼやけてもいいから、何となくでもいいから、うっすらとしたお日様が見えるだろう?そのお日様を目指して這い上がれ!

お前は蓮の花だ。いずれ綺麗な花を咲かす。生きろよ息子!腐るな息子!

蓮の花のごとく、泥の中で開花の準備のための力を蓄え、うっすらとしたお日様のあかりを目指し手探りで泥から這い上がり小さな芽を出し、そしてやがてその芽は茎となり。一杯の日差しを受け、綺麗な大輪の花を咲かす。

泥がなければ蓮の花は咲きません。言い換えると、蓮が綺麗な花を咲かせるには、泥が必要です。綺麗な土ではなく泥です。大阪府-優しい賃貸屋の現金げんちゃん様からの無料オーダー。

まから花咲く蓮が好き
泥に埋もれて時を待ち
が出てお日様目指して育ち
大きな大きな花咲かす
ころ綺麗に生き抜け息子!
鼓舞する母ちゃん自慢の母ちゃん

ぬりこ

ぬりこ「ばあちゃん」への米寿88歳の誕生日プレゼント名前詩例文

縫物や染物と多趣味な、ぬりこ「ばあちゃん」への米寿88歳の誕生日プレゼント名前詩例文。これからも長生きして趣味を楽しんでほしいという願いをもめた祈念のネーム入りポエム。広島県-カープ優勝様からの無料オーダー。

い物染め物多趣味なばあちゃん
当年とって88歳
そうの生き方みんなの憧れ
この先100まで生きる人
孫に愛され誰もが慕う
家族思いの優しい祖母


名前詩例文-あかり、あきな、あきね、あきみ、あさえ、あさみ

コトノハヤの名前詩無料例文。あかり、あきな、あきね、あきみ、あさえ、あさみ、という女性の名前から創作した名前詩の例文を無料公開中です。

あかり

あかり母ちゃんへの90歳の誕生日プレゼント-名前詩例文

東京都-サファイア様からの無料絵オーダー

かるい太陽真夏のヒマワリ
元気溢れる90歳
がやけ輝けキラキラ輝け
8月生まれの暑い人
そうの母親優しい母ちゃん
家族思いの愛の人

あきな

あきな「おばあちゃん」への白寿99歳のお祝い名前詩例文

山口県-明治大正様からの無料オーダー

っぱれ元気で素敵な存在
白寿を迎えた99歳
ょうも家族に愛情注ぐ
優しい心のおばあちゃん
いて笑って無理なく生きる
長命長寿の福の人

上の名前詩例文の一部の言葉を入れ替えてアレンジしてみます。入れ替える言葉は、白寿、年齢の99歳、呼び名のおばあちゃん、そしてポエムの最終行の福の人です。白寿と99歳は連動していますので、白寿という言葉を入れ替えた時は、年齢も矛盾ないように入れ替えなければなりません。

白寿とは長寿のお祝いの一種です。長寿のお祝いの主なものは、還暦60歳、古希70歳、喜寿77歳、傘寿80歳、米寿88歳、卒寿90歳、白寿99歳です。それでは、白寿を米寿に入れ替えてみます。米寿は88歳ですので年齢も88歳にします。米寿を迎えた88歳となりました。

次に呼び名を入れ替えます。例文では「おばあちゃん」という呼び名を読み込んでいます。おばあちゃんですから祖母のことです。母親宛の名前詩にするとした場合は、単純に「お母さん」という呼び名に入れ替えればいいわけです。

呼び名について応用と称してオプション解説をしておきます。実は呼び名を読み込むのは、結構悩んだりします。何を悩むのかというと、それは「目線」です。ダレ目線で作った名前詩なのか?ということで悩む人が多いのです。

呼び名「おばあちゃん」。この「おばあちゃん」から連想する人は祖母です。祖母を連想する人が多いてのですが「おばあちゃん」という呼び名は他人も使います。例えばテレビのインタビューでアナウンサーが他人なのに「おばあちゃん、おはようございます」と使ったりします。そしてもうひとつ。娘が母親に「おばあちゃん」という呼び方をすることもあります。母親、娘、孫という家族構成の場合、このような呼び方をしますね。孫目線の世ひせ方をします。母親宛の贈り物の名前詩なのに、呼び名は「おばあちゃん」となることもあるのです。

趣味で名前詩を作って楽しむ人は特に問題ありませんが、商売として名前詩販売をしている人は、このような矛盾を何度も体験することになります。

話しを戻します。次は名前詩最終行の「福の人」の部分を他の言葉に入れ替えます。ここは簡単に名前入れます。あきなさんですので、あきなという名前を入れてしまいます。

「長命長寿のあきな」となりますが、字数がちょっと変ですね。例文では「長命長寿の福の人」名前を入れると「長命長寿のあきな」。読みにくくなっています。素人っぽい名前詩ですね。「長命長寿の」の後に無音の一拍を入れないと読み調子に乱れが生まれます。ではどうしましょうか?

一拍悪部分を敬称で埋めましょう。つまりさん付けをします。「あきな」ではなく「あきなさん」という言葉に入れ替えます。「長命長寿のあきなさん」となりました。どうでしょうか。読み調子が綺麗に整いましたね。

そして更にひらがなの「あきなさん」を漢字の「あきなさん」にします。明菜、秋奈、明奈、秋菜、晃奈、明南、明那、晶菜、亜紀奈、昭菜。

あきね

あきね「おばあちゃん」への90歳の誕生日プレゼント-名前詩例文

子供達を相手に50年間営業している人気の駄菓子屋を営んでいる90歳の「あきね」ばあちゃんへのありがとうの気持ちを込めた感謝の贈り物。

岡山県-スーパーマン様からの無料オーダー

めちゃんクジ引きガムチョコレート
お菓子に囲まれ50年
ん所の子供がお得意様の
この町きっての駄菓子屋さん
ん中無休のハードな店長
御年90元気なばあちゃん

あきみ

あきみ元保母さんへの感謝のプレゼント名前詩例文

鹿児島県-カリスマ整体師様からの無料オーダー

か青キイロに緑色
子供が喜ぶゴム風船
さくで優しい大道芸人
趣味が講じてプロの腕
ようマネで覚えた手品
みんなが釘付け元保母さん

あさえ

あさえ「お母さん」への還暦60歳の誕生日プレゼント名前詩例文

大分県-ロレックスは本物です様からの無料オーダー

いされ慕われ感謝され
頼られ続けて60年
かせ実らせ広げた福を
みんなに与えたお母さん
がおで家族を見守り支える
日本一の母親なり

あさみ

あさみ「お母さん」への傘寿80歳の誕生日プレゼント名前詩例文

群馬県-高級バス様からの無料オーダー

るき続けたその道のりを
福で彩り80年
わやか笑顔で家族を見守る
優しさ溢れるお母さん
んなに愛され慕われ続ける
日本一の母親なり


名前詩例文-あやじ、あやた、あいか、あいみ、あえこ、あかね

コトノハヤの名前詩無料例文。男性の名前、あやじ、あやた、女性の名前、あいか、あいみ、あえこ、あかねの名前詩です。

名前詩-あやじ

あやじ「お父さん」への還暦60歳のお祝いポエム-名前詩例文

千葉県-古民家再生中様からの無料オーダー

めの日風の日一生懸命
年月重ねて60年
ま程幸せ育み咲かせた
今日も元気なお父さん
っと家族を見守り支える
日本一の父親なり

あやじ「オヤジ」への感謝の贈り物名前詩

神奈川県-億ションに住んでます様からの無料オーダー

さ日とともに現場に出かけ
建てた家屋は1万棟
ねに登って茅葺き仕上げ
空を見上げる大棟梁
まんの墨つぼ「年代物」と
弟子にホラ吹く素敵なオヤジ

名前詩-あやた

あやた「お父ちゃん」への定年退職のお祝いギフト-例文

岩手県-わんだふる様からの無料オーダー

さから晩まで頑張りながら
立派に働き45年
ぶれかぶれの波乱の人生
耐え抜き通したお父ちゃん
くわえ続けた全財産を
村に寄付した立派な男

名前詩-あいか

あいか「お母さん」への古希70歳の誕生日プレゼント-例文

大阪府-眼科医物語様からの無料オーダー

い情溢れる笑顔の花を
咲かせ広げて70年
つも元気に一生懸命
季節を重ねるお母さん
ぞくを優しく見守り続ける
日本一の母親なり

上の詩をアレンジしてみましょう。アレンジすることで名前詩の作り方のコツを覚えることができますので、自分で名前詩を作りたい人にはオススメです。どうぞチャレンジしてみてください。アレンジと言っても完全に他の詩として作り変えるわけではありません。文章の中で使われている言葉を他の言葉に入れ替えるだけです。単語単位で入れ替えます。

まず上の詩をよく観察してみましょう。入れ替えやすい単語が何箇所かありますね。では3箇所ほどピックアップしてみます。まずひとつ目は「年数」の「70年」です。そして「呼び名」の「お母さん」、ともうひとつは、詩の最後の行の「母親なり」という部分です。

70年という年数を他の年数と入れて替えてみます。年数は年齢として読み込んでいますので、他の年齢にかえてみます。50歳代ではどうでしょうか。50年、51年、52年、53年、54年、55年、56年、57年、58年、59年。

この年数を実際にポエムの中に入れて読んでみましょう。咲かせ広げて50年、咲かせ広げて51年。ん?ちょっとおかしくないですか?咲かせ広げて51年。これもおかしいですね?咲かせ広げて52年。これも変です。咲かせ広げて53年。これもおかしいですね。咲かせて広げて54年。54年はおかしくないですね。

どうやらおかしいのは、51年、52年、53年、56年、57年、58年のようです。どこがおかしいのか、わかりますか?答えはポエムを読んた時の字数です。字余りが発生しているからです。

コトノハヤの名前詩は読み調子を整えて作っている、音読系名前詩です。音読系名前詩は、コトノハヤオリジナルの創作技法です。文章を読んた時に、自然にリズムがつくように文字数を考えて作っています。そのため誰が読んでもうまく読めます。読み調子を整えていますので、読んでいるうちに自然にリズムが生まれ、心地良い文章になります。

ですので、51年という年数を入れてしまうと、字余りが起きてしまいます。字余りが起きることで、リズム、つまり読み調子に乱れが生じるのです。なので違和感があるのです。もしどうしていも51年を読み込みたいのであれば、50と1年とか、幸せ広げ51年とするしかありません。ひとつ勉強になりましたね。

さて次にいきましょう。今度は呼び名です。例文では「お母さん」という呼び名を入れていますが「お母ちゃん」でも「おっかさん」でも合います。しかし「母ちゃん」はやはり字数が合いませんので、違和感があります。季節を重ねるの後に、無音の一拍入るのがわかりますか?

この場合は、一拍分不足していますので、何かの言葉を入れればよいのです。分未ョクを乱さないように「素敵な」という言葉を追加してみましょう。するとこうなります。季節を重ねる素敵な母ちゃん。しっくりきました。

そして次は、日本一の母親なりという文章の最後の部分です。「落ち」「結」の部分です。このポエムの中ではこの部分は「誰なのか」を表現しています。直接的ではなく、あえて距離感を作っています。「第三者からの評価」的なものを表現しています。

この部分には「あいかさん」という名前を入れてみましょう。「家族を優しく見守り続ける日本一のあいかさん」どうでしょう。第三者的な言い回しもそのまま維持できてますね。更にこの「あいかさん」の部分を漢字名前に入れ替えてみましょう。愛華、愛佳、逢花、愛香、愛歌、亜衣加、愛夏、藍果、愛花。

名前詩-あいみ

あいみ「おばあちゃん」への95歳の誕生日プレゼント例文

ゆんだ道のり95年
幸せ広がる人生道
っしょう懸命季節を重ね
喜び咲かせたおばあちゃん
んなを優しく見守り続ける
長命長寿の福の人

あいみ「女性」へのプレゼント例文

いみは素敵な幸の花
喜び溢れる福の花
つもこの世を彩りながら
ずっと輝き放つ人
とれる程に日々麗しい
笑顔の似合う美の女性

名前詩-あえこ

あえこ「お母さん」への還暦60歳の誕生日プレゼント-例文

かるく楽しく歩んだ道のり
山越え谷越え60年
がおで家族を見守り続ける
今日も優しいお母さん
う福実らせ一生懸命
人生重ねる母親なり

あえこ「女性」へのプレゼント-例文

えこという名の明るい花は
幸せ溢れる福の花
がおで季節を彩りながら
輝き続ける愛の花
の世で一番眩しい存在
心優しく美し女性

名前詩-あかね

あかね「お母ちゃん」への勤続40年の感謝のプレゼント-例文

ぶら塗れて汗にも塗れ
埃に塗れて40年
ぞくを養いみんなのために
働き続けたお母ちゃん
ばり強くて後輩思い
男勝りの運転手


名前詩-あべそうり|第97代総理大臣の安倍晋三

第97代総理大臣の安倍晋三さんを題材に作ったお名前詩です。あくまでもパロディーです。何かを意図しているわけではございません。よく特徴が掴めているのではないでしょうか。

仙台太郎のお名前詩例文公開サイト「コトノハヤ」。

安倍晋三第97代総理大臣の名前詩

ゆみよる
きか
の後の
んめいが
あるにヤバイ

の人達と
たべたしてると
うとう
んが落ちるし
かい者が減るよ

の人と
たべたしてると
んするぞ
まれかわって
派になれ

の日解散する
きじゃなかったよね
う思わない?
んが落ちた状態じゃ
はん者増えるよ

なたは
つだん
んけいされず
もれ消え去る
ーだーです

のことで
そをかき
のまま
もれてしまう
ーだーです

んらっきーの
そかっきー
の場を逃げれば
っきうき
ーだーなんて
やめちゃおう

んた
っかくだ
うとう
んが強いね
ゅうにんだろ

いつと
たべたしたせいで
んをし
んは尽き
かいされなくなった

すに向かう
きか
れとも
しろに戻るか
そうはどっちだ

きえさんは
んきょう不足だね
んしたかもしれないけど
んめい共同体
こんはするナよ安倍さん

わてる
きだよ
ろそろ
んの落ち方
ーまん級

そんんでる
きじゃない
うり
かれてると
ょうりされるぞ

せる

の時はきた
んの強いあの人に
ょうりされるぞ


名前詩-言葉を学ぶ「愛、相生、相老、哀歌、相変わらず」他

名前詩を作る時にとても重要なことがあります。それは広い語彙も持つということです。語彙というと難しく聞こますのでボキャブラリーと言ったほうがわかりやすいでしょうか。

語彙の広さに比例して創作の幅も広がります。語彙は単語が基本ですので、数多くの単語を使えるようになるということは、名前詩の作り方を覚える近道にもなります。

単語のみで名前詩を作ることはできませんが、語彙が広がると、単語から派生する言葉やフレーズを連想する力が身につきます。特に名前を詩の文頭に入れて作る場合はこれが非常に役立ちます。文章の組立が容易にできるようになり、そして更に表現できる創作パターンもどんどん広がっていきます。逆にポキャブラリーが狭いと文章に表現する物語のアイデアが乏しくなってします。その結果、苦労することになるのです。多くの引き出しを持つということが、名前詩を作る上でとても重要なことなのです。

ただ単語を眺めているだけでも想像力がつきますので、その言葉物語をイメージできるようになってきます。名前詩の作り方のコツもつかめますし、こまった時のヒントにもなるのです。あなたの感性を刺激するためにもより多くの言葉を覚えましょう。

覚える上でひとつだけ注意する点があります。それは名前詩の作詩は国語のテストをしているのではないということです。小学校の国語の授業なら正しい言葉の意味を知り、正しい使い方をしなければならないのですが、これは名前詩です。国語のテストではありません。表現の仕方は作者の自由なのです。その言葉に思いをのせるだけでいいのです。同じ意味の言葉を2回使わないだとか、そのようなちっぽけでどうでもいいようなことは一切気にせず、あなたの思うとおりに作ればいいのです。楽しみながら作れるのが名前詩なんです。

あい-愛、あいきょう-愛敬、あいくるしい-愛くるしい、あいさい-愛妻、あいしゅう-哀愁、あいじょう-愛情、あいする-愛する、あいそう-愛想、あいちょう-愛重、あいぼ-愛慕、あいろ-隘路、あうん-阿吽、あおぞら-青空、あかす-明かす、あかちゃん-赤ちゃん、あかつき-暁、あからむ-明らむ、あがり-上がり、あかるい-明るい、あき-秋、あきない-商い、あきらか-明らか、あきる-飽きる、あきんど-商人、あくせんくとう-悪戦苦闘、あくまで-飽く迄、あくる-明くる、あさひ-朝日、あざやか-鮮やか、あした-明日、あす-明日、あせ-汗、あせする-汗する、あせまみれ-汗塗れ、あせる-焦る-褪せる、あたえる-与える、あたたか-温か、あたらしい-新しい、あたり-辺り、あちこち-彼方此方、あつい-厚い-篤い、あっさり、あったか-温か、あっぱれ-天晴、あでやか-艶やか、あなた-貴方、あに-兄、あびる-浴びる、あふれる-溢れる、あます-余す、あまり-余り、あめ-雨、あゆみ-歩み、あゆむ-歩む、あらし-嵐、あらた-新た、あらゆる、あらんかぎり-有らん限り、ありがとう-有難う、ありったけ-有りっ丈、ありとあらゆる-有りとあらゆる、ありのまま-有りの儘、ありふれる-有り触れる、あるがまま-有るが儘、あるく-歩く、あるべき-有るべき、あれの-荒れ野、あわい-淡い、あわせる-合わせる、あわてる-慌てる-周章てる、あわゆき-淡雪、あわれ-哀れ、あんき-安気、あんぎゃ-行脚、あんしん-安心、あんぜん-安全、あんそく-安息、あんた、あんたい-安泰、あんてい-安定、あんど-安堵、あんのん-安穏

いのまま-意の儘、いい-良い-好い-善い、いいひと-好い人、いう-言う-云う-謂う、いえ-家、いえる-癒える、いがい-以外、いかす-活かす、いかなる-如何なる、いかにも-如何にも、いき-息-粋-行き、いきあう-行き会う-行き逢う、いきいき-生き生き-活き活き、いきおい-勢い、いきがい-生き甲斐、いきかた-生き方、いきざま-生き様、いきつく-行き着く、いきぬき-息抜き、いきぬく-生き抜く、いぎょう-偉業、いきる-生きる-活きる、いく-幾、いくえ-幾重、いくた-幾多、いくたび-幾度、いくつ-幾つ、いくど-幾度、いくとせ-幾年、いくにち-幾日、いくばく-幾何-幾許、いける-行ける-生ける-活ける、いさい-偉才-異才、いさぎよい-潔い、いさましい-勇ましい、いさむ-勇む、いし-意思、いじける、いじょうぶ-偉丈夫、いしんでんしん-以心伝心、いそぐ-急ぐ、いそじ-五十路、いそしむ-勤しむ、いだい-偉大、いだく-抱く-懐く、いたづき-労づき、いたる-至る-到る、いたるところ-至る所、いたれりつくせり-至れり尽くせり、いたわり-労り、いたわる-労る、いち-一、いちかばちか-一か八か、いちからじゅうまで-一から十まで、いちもにもなく-一も二も無く、いちい-一意、いちいせんしん-一意専心、いちげん-一言、いちご-一期、いちごいちえ-一期一会、いちごまつだい-一期末代、いちごん-一言、いちじ-一事、いちじせんきん-一字千金、いちじつ-一日、いちじるしい-著しい、いちず-一途、いちだい-一代-一大、いちどう一道、いちねん-一年-一念、いちねんほっき-一念発起、いちばん-一番、いちひめにたろう-一姫二太郎、いちびょうそくさい-一病息災、いちめん-一面、いちもくりょうぜん-一目瞭然、いちゃいちゃ、いちゃつく、いちゅう-意中、いちようらいふく-一陽来復、いちろ-一路、いっか-一家、いっき-一気、いっきょしゅいっとうそく-一挙手一投足、いつしか-何時しか、いっしょけんめい-一所懸命、いっしょ-一緒、いっしょうけんめい-一生懸命、いっしょうがい-一生涯、いっしんふらん-一心不乱、いっせいちだい-一世一代、いっと-一途、いっぱい-一杯、いっぽ-一歩、いつも-何時も、いつわり-偽り-詐り、いつわる-偽る-詐る、いとしい-愛しい、いとしご-愛し子、いとなむ-営む、いどむ-挑む、いなか-田舎、いのち-命、いのり-祈り-禱り、いのる-祈る-禱る、いばら-茨、棘、荊、いばらのみち-茨の道、いばる-威張る、いふうどうどう-威風堂々、いま-今、いまだ-未だ、いまに-今に、いやさか-弥栄、いやし-癒やし、いやす-癒やす、いよいよ-愈、いろどり-彩り、いろどる-彩る、いろんな-色んな、いわ-岩-巖-磐、いわい-祝い、いわう-祝う、