お名前詩-よいち、よしき、よしじ、よしと、よしや、よりじ

よいち

米寿のお祝い品、お名前詩、88歳の誕生日プレゼント、無料のネーム入りのポエム、あいうえお作文、名前詩の作り方、例文、無料作成のネーム入りのポエム、あいうえお作文の作り方と例文、自作のためのヒント、安い作り方、オーダーメイドの名前入りの言葉、ネーム入りのメッセージサンプル集。

ろこび実らせ一生懸命
人生重ねて88年
つも優しく家族を見守る
愛情豊かなおじいちゃん
ょう寿の道のり笑顔で歩む
今日も元気な福の人

よしき

わねを吐くことなく頑張り
人生重ねて88歳
たわれ愛され頼られ続ける
人望厚きお父さん
ょうも家族に愛情注ぐ
日本一の福の人

よしじ

わねを吐かずに頑張りながら
道のり歩んで88歳
ゅん夏秋冬家族を見守る
優しさ溢れるお父さん
んせい重ねて喜び広げた
日本一の父親なり

よしと

わねを吐かずに一生懸命
人生重ねて88歳
あわせ実らせ元気に過ごす
日本一のお父さん
ても優しく家族を見守る
広い心の父親なり

喜寿のお祝いポエム

喜寿のお祝い、ギフト向けの名前詩(ネームポエム)あいうえお作文の無料例文です。詩の文頭1文字目が名前になっています。文章の頭文字を縦読みすると名前になります。横に読むとメッセージポエムになります。

このページに掲載している例文の名前の部分の色は、全て喜寿のお祝いの色の「紫色」にしています。そして更にせっかくですので日本古来の色「本紫色」を使ってみました。パープルではありません「本紫色」です。

喜寿のお祝いの名前詩(ネームポエム)は、贈り物ランキングの上位に位置するほど人気があります。それはなぜなのかといえば、受け取る人の心に響きやすいからです。そしてそれは年齢的な要素が強いのです。しかしその感動を得るには、多少の文面の工夫が必要です。77年間生きているのですから、人生の苦楽がいろいろあったことでしょう。その生きた証しをポエムに盛り込むことができるのは、あなた以外、他にいないのではないでしょうか。ですので、自作をおすすめします。他人が作るそれよりも、とてつもなくいい作品になります。

文章の中に喜寿の記念の年数「77年」を読み込んでいます。プレゼントをする相手(受け取る人)は家族(父親・母親・祖父・祖母)と想定できますので、その呼び名も読み込んでいます。喜寿のお祝いのプレゼントにおすすめです。

この例文を、どんな時に利用するのかと言えば、例えば、喜寿のお祝いの品が決まっているのであれば、相手に伝えるお祝いの言葉としてメッセージカードに書いてください。あるいは、恩師や上司への喜寿のお祝いの言葉として活用してもよいでしょう。

喜寿のプレゼントを何にするか悩みますね。男性(父親・祖父)の場合は何がよいのか、女性(母親・祖母)の場合は何がよいのか。女性なら実用的なプレゼントもおすすです。喜寿のお祝いの色は「紫」ですので「紫色の花」を贈る人も多いようです。紫に関連したプレゼントや生まれた日の新聞、湯呑み、おしゃれな時計。相手がおじいちゃんやおばあちゃんなら、孫からのプレゼントとして

うきに元気に一生懸命
歩んだ人生77年
あわせ育み実らせながら
輝き続けるお父ちゃん
ことん家族を見守り支える
日本一の父親なり

よしや

ろこび育み実らせながら
人生歩んで88歳
あわせ広げて一生懸命
元気に過ごすお父さん
さしく家族を見守り続ける
日本一の父親なり

東京都のカード払いで様からのリクエストオーダー

よりじ

うきに元気に一生懸命
道のり歩んで88歳
っぱな心で家族を見守る
愛情豊かなお父さん
んせい重ねて幸せ広げた
日本一の父親なり

のため子のため人のため
働き続けて42年
っぱに元気に頑張りながら
家族を支えたお父さん
かんを重ねて幸せ広げ
第二の人生歩む人

※当サイトは皆様の口コミで成り立っています。お知り合いの方への口コミ宣伝にご協力をお願い致します。

タイトルとURLをコピーしました