名前詩例文-かめこ、かめよ、かやこ、かんな

Pocket
LINEで送る

名前の頭文字が「か」から始まる名前で作った名前詩例文を無料公開しています。このページでは「かめこ」さん「かめよ」さん「かやこ」さん「かんな」さんという女性の名前から作った名前詩を掲載しています。全て当サイト「ことのは家」が作った名前詩です。ちなみに「ことのは家」は「ことのはや」と読みます。「家」は「け」ではなく「や」と読んでください。



かめこ

祖母への米寿88歳のプレゼント向け名前詩例文です。こんなパターンで作ると喜ばれます。米寿のお祝いですので米寿の記念の年齢を必ず入れましょう。米寿の年齢は88歳です。

がやき溢れる顔の花を
咲かせ広げて88歳
まぐるしい程変化に富んだ
波乱の人生いきる人
まご家族に親戚縁者
みんなが慕うおばあちゃん

祖母への卒寿90歳のお祝い向け名前詩例文です。この詩の文章の中には、かわいい笑顏という言葉が入っています。この詩を文字として仕上げる時は、おばあちゃんの写真か似顔絵を入れるとさらに感動します。似顔絵は孫に描いてもらうとさらに感動します。おばあちゃんは大喜びです。孫が描いた似顔絵の用紙の中に名前詩を書き込むだけです。似顔絵は写実的なリアル似顔絵よりも、一生懸命感の出ている、ちょっとへたな似顔絵のほうが喜ばれる傾向にあります。孫の描いた似顔絵がピッタリです。

わいい笑顔と優しい心
家族思いの90歳
でたく迎えた卒寿の記念
長命長寿のおばあちゃん
う福実らせ一生懸命
たのしく元気に過ごす人

かめよ

母親への60歳の誕生日プレゼント向けの名前詩例文です。親近感がでるように、呼び名の部分に「お母ちゃん」を入れています。呼び名をかえることで、詩の親近感に違いがでます。例えば「お母ちゃん」という呼び名を「お母さん」という呼び名にかえると、どうでしょうか。実際に入れ替えて読んでみてください。かなり親近感が変化したことが感じられるはずです。「お母さん」という呼び名は、他人も使います。家族以外の人に「お母さん」ということが結構ありますね。

アナウンサーが街頭インタビューで60歳ぐらいの女性に向かって「お母さん、ちょっといいですか?」と声をかけることがあります。あれと同じ感覚です。

しかし、インタビューで、初対面の女性に「お母ちゃん」と呼びかけることはないですよね。つまり「お母ちゃん」という呼び名は必然的に、そのことは家族が家族に対して呼んでいる呼び名である、ということが明確に表現できるのです。

わらぬ心で一生懸命
年月重ねて60歳
げず挫けずその道のりを
元気に歩むお母ちゃん
ろこび実らせ家族に与えた
日本一の母親なり

かやこ

母親への70歳の誕生日プレゼント向けの名前詩例文です。

ぞえきれない喜び広げ
年月重ねて70歳
ま越え野を越え一生懸命
人生歩むお母さん
ころ豊かにみんなを見守る
家族思いの母親なり

かんな

母親への60歳の誕生日プレゼント向けの名前詩例文です。「かんな」という名前には、創作難易度の高い「ん」という文字が含まれています。なぜ創作難易度が高いのか、というと「ん」からはじまる言葉が少ないからです。少ないというよりも、ないです。「ん」という文字を2文字目以降に入れて作ることは簡単ですし、2文字目以降に「ん」がつく言葉はいくらでもあります。その数は無限かもしれません。しかしそれではあまりにも能がないということで、ここはやはりこだわりたいところです。例文では「ん~と」という言葉を使っています。「うんと」と同じ意味の言葉です。充分意味が通じますね。

がやき続けて60歳
今日も笑顔の花咲かせ
~と優しく家族を包む
明るく元気なお母さん
つ春秋冬喜び広げ
楽しく素敵に過ごす人

自分で名前詩を作りたいという人が増えています。実際に作っている人も多くなりました。ことのは家では名前詩の作り方教室も開催しています。完全予約制です。名前詩をプレゼントに使いたいという人が増えているのです。

主な用途は誕生日プレゼント、新郎新婦の二人の名前を使った結婚祝い、両親への記念品、長寿のお祝いといった贈り物のシーンでは定番中の定番ギフトになりました。

名前詩とは、昔から日本にある言葉遊びの一種「あいうえお作文」の延長なのです。特に珍しいものではありません。最近の人達が知らなかったというだけなのです。

自分の大切な人に、自分で一生懸命作った名前詩作品をプレゼント。ということが間違いなく一番喜ばれます。その人のことを一番よく知っている、あなたが作者になることで、名前詩の良さが引き立ち、感動を呼ぶことになるのです。

当サイトことのは家では名前詩の例文を多数公開しています。その例文はあえて極力パターン化して作っていますので、例文を眺めているだけで、なんとなく作り方のコツを覚えることができるようになります。あとは自分で実際に作ってみれば、それだけで覚えることができるのです。

近い将来、あなたが名前詩作家になることを楽しみにしています。では。




Pocket
LINEで送る