名前詩例文-ぬきお、ぬいこ、ぬきえ、ぬみこ、ぬめこ、ぬりこ

Pocket
LINEで送る

ことのは家の名前詩例文。無料公開中。「ことのは家」は「ことのはや」と読みます。創作難易度の高い「ぬ」のつく名前です。「ぬ」のつく言葉や単語で、詩の文章として成り立たせるのは慣れないと難しいです。特に名前を文頭一文字目に入れて創作することは至難の業なのです。作り慣れない人は完成前に挫折するかもしりません。

もしあなたが名前詩を初めて作る人なのであれば、作り慣れるまでは、名前の一文字目配置には拘らず、名前を2文字目以降に入れて作るようにしたほうがよいでしょう。そうしないと時間だけが過ぎてしまい、いつまでたってもポエムの完成までたどり着かず、疲労だけがたまり、その結果、名前詩作りは楽しくない!という感想を持ってしまうかもしれないからです。せっかく作り方を覚えようとしているのですから、楽しく覚えたいですよね。

そのような状況に陥らないためにも、最初は無理をせず慣れるまでは、名前を2文字目以降に入れるようにしましょう。

2文字目以降に「ぬ」が入る言葉はいくらでもありますので、創作難易度はとても低くなります。つまり簡単に作れるということです。作り方を覚えて慣れてきたころに、文頭一文字目に入れるようにしましょう。

名前詩は「あいうえお作文」の名前版だと思ってください。あいうえお作文は、テレビ番組の笑点の大喜利でもたまに出てきます。「あいうえお」という言葉のかわりに、その部分に名前が入るわけですから、やはり名前は詩の文頭一文字目にこだわりたいところです。なんといっても出来がスマートになります。無理矢理感がないというか。

ぬきお

ぬきお「お父ちゃん」への感謝の贈り物名前詩例文。

なまこ壁が得意な左官職人の、ぬきお父ちゃんの優れた技術を褒めた内容の名前詩。北海道-モネとゴッホとシャガールと様からの無料オーダー。

って固めて仕上げた技は
ブロの技術の集大成
ょう風大雨大雪雷
天変地異にも負けぬ蔵
とこ一匹頑張る父ちゃん
日本一の壁職人

ぬいこ

ぬいこ「お母ちゃん」卒寿90歳の名前詩例文

長寿のお祝いを表現したオーソドックスな内容の名前詩です。長寿のお祝い向けの名前詩を作る時は、ほぼこのような文面で大丈夫です。ポエムの中に読み込んでいるフレーズや言葉をよく観察してみましょう。おのずと作り方のポイントが見えてくるはずです。東京都-銀座のカリスマ銀行員と支店長様からの無料オーダー。

くもり溢れる笑顔の花を
咲かせ続けて90年
つもみんなに愛情注ぐ
家族思いのお母ちゃん
う福実らせ一生懸命
長寿の道のり歩む人

上の詩は卒寿90歳の長寿のお祝い向けの名前詩例文です。そうさく難易度の高い「ぬ」を詩の文頭に入れて作っています。「ぬ」からはじまる言葉はあまりありません。下のポエム例文では「ぬくもり」という言葉を使っています。「ぬくもり」とは、温かみのことです。「ぬくもり溢れる笑顔の花」とは「温かみのある笑顔の花」という意味です。

ひとことで笑顏といっても、いろいろな笑顏があります。体裁を整えるだけが目的の作り笑いもそのひとつでしょう。作り笑いと聞いて「温かみのある笑顔」だと連想する人はいませんよね。作り笑いにそんなイメージはないはずです。温かみのある笑顔から連想することはやはり「優しさ」です。母親の優しさを感じます。

母親、90歳、長寿のお祝い、家族、これから先の願い、祈念。というキーワードで詩のイメージを膨らませて文章を作り上げていくと、上の例文のような名前詩になるのです。

上の詩は創作難易度の高い「ぬ」が入りますので、まず「ぬ」のつく言葉を決めて、その言葉からポエム全体の内容を整えていく作り方をしなければなりません。ポエムとして使えそうで、かつ盛り込むべきキーワードに合致する言葉。今回は「ぬくもり」にしましたあとは「ぬくもり」から、お題に沿ったストーリーを作るだけです。慣れると簡単です。

ぬいこ「女性」へのプレゼント名前詩例文

年数や呼び名を読み込まずに創作した名前詩です。女性へのプレゼントとしてどんな用途にも利用できるよう褒めた内容で作っています。誕生日プレゼント、母の日、長寿のお祝い、敬老の日、入学式、卒業式、入社、退職、転勤、バレンタイン、クリスマスプレゼント等、若い女性から高齢の女性までご利用可能です。滋賀県-アリエリアス様からの無料オーダー。

いこは素敵な幸の花
喜び溢れる福の花
つもこの世を彩りながら
ずっと輝き放つ人
ころ優しく日々麗しい
笑顔の似合う美の女性<

いこという名の明るい花は
幸せ咲かせる福の花
ち年2年10年100年
輝き続ける愛の花
の世で一番眩しい存在
心優しく美し女性

ぬきえ

ぬきえ母ちゃんへの感謝の贈り物名前詩例文。いろいろあった人生。女手ひとつで家族を支え、養い、やっとの思いで買った新築マイホーム。ぬきえ母ちゃん、御年70歳。70年という人生を、意図的に「まだ半ば」という表現をしています。70歳ですから、もう半ばは過ぎてるのですが、「140歳まで生きてくれ!」という家族からの強い思いを込めています。

もう少し苦労が続くことと、苦労があるということは、ぬきえ母ちゃんは、まだまだ頑張らなくなてはならない。病気になんかなっていられない、そんな暇はないなんだ!という健康と長寿への祈念を込めた名前詩詩です。岡山県-モデルルームでの感動物語様からの無料オーダー。

かるみ暗闇み70年
歩いた人生まだ半ば
ぼうを捨てずに拘り捨てず
この地に建てた一軒家
がき続けた大きな夢を
女手ひとつで叶えた母ちゃん

ぬみこ

ぬみこ「ばあちゃん」への感謝のプレゼント名前詩例文

漬物が得意で贅沢も大嫌いな、ぬみこ「ばあちゃん」への95歳の誕生日プレゼントとして感謝の贈り物。長野県口座開設しましたので様からの無料オーダー。

か漬け浅漬け麹に塩漬け
味にこだわり95年
んなが喜ぶ美味しい物を
作り続ける素敵なばあちやん
とば優しく輝く笑顔
絶対贅沢しない人

ぬめこ

ぬめこ母ちゃんへの感謝の名前詩

人生を教えてくれた、ぬめこ母ちゃんへの感謝のポエム。息子を蓮の花に例えて表現。たった6行の詩の中には母親と息子の感動の物語が盛り込まれています。ちょっと深い内容です。

今、この息子がいる場所が、泥沼のような場所であったとします。泥沼ですから「水が澄んだ綺麗な沼ではない」ということは容易に想像がつきますね。社会の中の泥沼だと思ってください。

人それぞれの生い立ち。必ずしも全ての人の生い立ちが幸福なものだとは限りません。物心ついた頃には父親はもういなかった。貧しい生活。母親を恨む毎日。なんで俺を産んだんだ!と泣き叫ぶ息子。よくある話しかもしれません。

やがて息子は成人し母親のもとを独立し欲望渦巻く大都会へと就職した。社会に出た息子。一切の甘えが効かない厳しい社会の掟。人情の薄い大都会での生活。息子の社会人としてのその生き方は、世間一般のそれとは比べ物にならない程、悲惨なものでしかなかった。疲れきっていた息子。生きる希望さえも見失っていた。

遠い故郷の地で質素な暮らしをしてる年老いた母親、ぬめこ母ちゃん。息子の様子を人づてに聞き、息子宛に送った一通の短い手紙。

今年も蓮の花が咲いたぞ。母ちゃんは蓮が大好きだ。花の中で一番蓮が好きだ。泥から這い上がって咲く蓮の花が一番好きだ。

お前は今、泥の中か?泥の中にいるのか?泥の中にいるのなら、さぞつらいだろう。でも腐れるなよ。蓮だって泥の中にいても決して腐れることはないんだ。そこからお日様は見えるか?ぼやけてもいいから、何となくでもいいから、うっすらとしたお日様が見えるだろう?そのお日様を目指して這い上がれ!

お前は蓮の花だ。いずれ綺麗な花を咲かす。生きろよ息子!腐るな息子!

蓮の花のごとく、泥の中で開花の準備のための力を蓄え、うっすらとしたお日様のあかりを目指し手探りで泥から這い上がり小さな芽を出し、そしてやがてその芽は茎となり。一杯の日差しを受け、綺麗な大輪の花を咲かす。

泥がなければ蓮の花は咲きません。言い換えると、蓮が綺麗な花を咲かせるには、泥が必要です。綺麗な土ではなく泥です。大阪府-優しい賃貸屋の現金げんちゃん様からの無料オーダー。

まから花咲く蓮が好き
泥に埋もれて時を待ち
が出てお日様目指して育ち
大きな大きな花咲かす
ころ綺麗に生き抜け息子!
鼓舞する母ちゃん自慢の母ちゃん

ぬりこ

ぬりこ「ばあちゃん」への米寿88歳の誕生日プレゼント名前詩例文

縫物や染物と多趣味な、ぬりこ「ばあちゃん」への米寿88歳の誕生日プレゼント名前詩例文。これからも長生きして趣味を楽しんでほしいという願いをもめた祈念のネーム入りポエム。広島県-カープ優勝様からの無料オーダー。

い物染め物多趣味なばあちゃん
当年とって88歳
そうの生き方みんなの憧れ
この先100まで生きる人
孫に愛され誰もが慕う
家族思いの優しい祖母




Pocket
LINEで送る