そねさよこ「お名前詩」あいうえお作文(敬老ポエム)無料例文

コトノハヤの名前詩無料例文「そねさよこ」。詩の文頭一文字目に名前を入れて作っていますので名前が目立ちます。名前を入れて作った詩というより、名前から作った詩といったほうが正しいでしょうか。名前詩とは「あいうえお作文」の名前版のことですので「名前は文頭一文字目」が基本です。主役は名前です。コトノハヤのマスコミ紹介実績

敬老の日のお祝い「そねさよこ」名前詩

そねさよこ「お母さん」への敬老の日のお祝い

母への77歳のお祝いや喜寿のお祝いとしてのご利用にもオススメです。

の道山越え谷越え歩み
んげつ重ねて七十七年
らなる幸せ大きく咲かせる
うきで明るいお母さん
ころ優しく家族を見守る
日本一の母親なり

年数を入れ替えると他の用途に合わせることができます。60年還暦、70年古希、77年喜寿、80年傘寿、88年米寿、90年卒寿、99年白寿。誕生日プレゼントの場合は、その年齢に入れ替えるだけです。73歳の誕生日の場合は73年と入れ替えます。

呼び名も入れ替えることができます。上の名前詩例文では「お母さん」という呼び名をポエムの中に入れていますが「お母ちゃん」でも「おっかさん」でも合います。

しかし「母ちゃん」という呼び名を入れる場合は、字数が一拍分足りなくなります。「ようきで明るい母ちゃん」となってしまいます。「ようきで明るい」の後に無音の部分ができてしまいますので、その無音の部分に他の言葉、単語もいっしょに入れてしまいます。

例えば「素敵な」という言葉もいっしょに読み込みます。「ようきで明るい素敵な母ちゃん」となりました。一拍分の無音が埋まり字数が合うようになりました。

文章の最後の行の「母親なり」の部分もついでに入れ替えてみましょう。上の例文には「母親なり」という言葉が入っていますが「女性なり」でも「美し女性」でも合います。

やはりここも、先程の呼び名と同じように字数をあわせた言葉を入れるとしっくりきて、まとまりのあるポエムになります。おすすめは「名前」です。字数をあわせますので「さよこさん」と「さん」という呼称も入れてしまいます。「日本一のさよこさん」となります。

ひらがなの名前ではなく漢字の名前に入れ替えてみましょう。小夜子、紗代子、佐代子、咲世子、沙代子、沙世子、佐世子、沙夜子、早葉子、小代子、砂代子、左余子。カタカナでもいいですね、サヨコ。

コトノハヤの名前詩は、音読系名前詩という読んで楽しむ名前詩です。そのような技法を使って創作しています。この技法はコトノハヤのオリジナル技法です。何十年も前にマスコミも大絶賛した名前詩なのです。マスコミ紹介実績。

そねさよこ「おばあちゃん」への敬老の日の贈り物-ポエム例文

ん敬されては感謝され
ん齢重ねて80歳
だめの人生元気に歩み
ろこび咲かせたおばあちゃん
孫に大きな愛情注ぐ
家族思いの福の人

そねさよこ「お母ちゃん」への感謝の敬老の日ギフト-名前詩例文

勤続年数39年。今も現役で町工場で働く70歳の「そねさよこ」お母ちゃんへの敬老の日の感謝の贈り物。仕事が忙しい時は夜遅くまで、身を粉にして働くお母ちゃん。そんな、油まみれ埃まれで一生懸命で真面目なお母ちゃんに、ありがとうの気持ちを込めたネーム入りポエム。

そぐ日差しに汗かきながら
むらず働く70歳
ん十九年油に塗れ
通し頑張るお母ちゃん
う場のみんなに愛され続ける
日本一の修理工

0