名前詩作りが楽になる超便利グッズ!今すぐ買いたい必須アイテム

名前詩を自分で作り、その名前詩を誰かにプレゼントする。あるいは自作の名前詩を売って稼ぎたい。ネットショップを開業して名前詩を売ってみたい。自宅ショップを開業して名前詩を売ってみたい。名前詩の利用目的は様々です。

名前詩を作るにしても売るにしても、何らかの道具が必要です。でも名前詩作成のための専用グッズなんて日本全国探してもどこにも売っていません。他の目的で、普段使っている道具を使うしかないのです。でも何を使えばいいの?

ということでご紹介!すぐに作れて販売できる!これだけあればもう完璧!そんな名前詩作成で使う必須アイテムをご紹介。持ってるだけで名前詩が作りたくなる、あると役立つ便利グッズ。名前詩作成に必要な道具、全リスト。名前詩販売に必要な道具、全リスト。今すぐに揃えたい名前詩グッズ50選。プロも喜ぶスーパーアイテム。さあ今すぐに道具を揃えて名前詩作りを楽しみましょう。




名前詩を作詩する時の必須アイテム!おすすめグッズ

国語辞典と蛍光ペン

まずは、作詩の時に必要なものです。名前詩の文章を作る時にあると便利な物から紹介します。まず最初に絶対揃えておきたい物は国語辞典蛍光ペンです。どこのメーカーのものでも構いません。国語辞典は名前詩作成で使う必須アイテムです。蛍光ペンは国語辞典で見つけた単語に印をつける時に使います。

いざという時に役立つ

仮にあなたが語彙の豊富な人だとしましょう。自慢のボキャブラリーで、名前詩の作成もサラサラとスムーズ進むかもしれません。ところが…。

創作難易度の高い文字が含まれている名前を使って名前詩わ作ろうとすると、大抵の人はつまずきます。いつもはプロのように簡単にすぐに作れていたのに、急に、素人のように作れなくなるのです。

創作難易度の高い文字とは「ぎ」「ざ」「べ」「ぼ」といった文字です。この文字を詩の文頭一文字目に入れて作ろうとしても、なかなかうまく作れません。全体の文調が乱れます。その結果何をいたいのか解らなくなるのです。この減少は名前詩を作る人なら誰でも経験することです。

そこで国語辞典の登場です。国語辞典で使えそうな言葉を調べます。例えば「ざ」のページを開きましょう。「ざ」から始まる言葉でポエムとして使えそうな単語を見つけ出すだけです。あるいは、その単語をヒントに矛盾のない文章を起こせばいいのです。使えそうな言葉には蛍光ペンで印をつけることも忘れず行います。

「ざんせつ(残雪)」を入れてみましょう。残雪とは、冬に降り積もった雪が春になっても、とけずに残っている状態のことです。この時点でポエムができそうですね。あとは矛盾がないように文章を起こすだけです。

この雪がとけると、幸せの花が咲き、大きな喜びが実る、というような内容の詩が作れそうですね。苦労の後の幸せ、未来への希望が感じ取れるポエムができそうです。




作詩の訓練に使える

国語辞典には、もうひとつ、名前詩作成時での活用方法があります。それは、名前詩作成の訓練に使えるということです。訓練と言っても、ただ単語を見るだけです。暇な時に「あ」から順番に見ていきます。いいな、使えそうだなと思ったこ度はには蛍光ペンで印をつけ、さらに、言葉をみながら想像力を広げる訓練がでます。この言葉は使うそうだな、こんな文章が作れそうだな、とあなたの感性を豊かにすることができます。ぜひ活用してください。

ということで、いざという時に役立ち、作詩の訓練にも使える国語辞典は、絶対にそろえておきたい名前詩グッズなのです。

名前詩を作品として仕立てる時に使うグッズ

名前詩は作詩後の段階では、まだ文章でしかありません。文章ですので言葉として楽しむことはできます、ビジュアル作品として仕立てると、文章だけの時よりも、いっそう素敵な作品にすることができます。

ビジュアル化とは見た目です。つまり文字化するのです。文字化する方法は大きくわけてふたつの方法があります。ひとつは手書き、もうひとつはPCを使う。このどちらかです。

手軽なのは手書きです。書けばいいだけですので簡単に仕立てることができます。例えば鉛筆。鉛筆を使って書くと素朴な作品に仕上がります。書くと言っても普通に文字を書くだけです。コツも必要ありません。あなたの文字で書くだけです。難しくありません。

PCを使った場合は凝った仕立てができます。写真を入れたり、イラストを入れたり、家紋を入れたりすることがとても簡単にできます。しかも、楽しみながら作れます。ただし、PCを持ってなければ無理ですが…。

パソコンを利用する場合

まず必要な物はPCです。PCを持ってない人は買わなければなりませんので、準備コストがかかってしまいます。PCを持ってないとデメリットのが大きいかもしけません。低価格PCであっても3万円はしますから、名前詩を作るためにわざわざ買うことはないかもしれません。商売をするのなら別ですが…。PCは持っているものとして話しを進めます。

プリンター

作品を印刷する時に使います。プリンターがないと作品の出力ができませんので、PCで仕立てる時の必須アイテムになります。

ここ数年でプリンターの需要が激減している

最近はプリンタを持っていない人が多いと聞きます。会社はともかく、自宅で何かを印刷するということが少ないことと、PC自体を持ってない、または使う人が激減しているからだそうです。ということで、必然的にプリンタを使う機会も減っていてプリンター自体を持っている人も少ないのだそうです。確かにスマホやタブレット単体で解決できることが増えました。調べ物をする時でも、PCをいちいち立ち上げることは少なくなりました。スマホやタブレットを使って印刷する機会もほとんど無いのでプリンターを持っている人も少ないのでしょう。

さて、話しを戻しまして、プリンターを選ぶ時に大切なのことがあります。それはインクの種類です。顔料インクか染料インクかです。印字する時のドットのアクションに差があります。顔料は紙の上に乗せます。染料は紙に染み込ませます。耐久性は顔料インクが圧倒的に勝ってます。経年劣化もほぼありません。ということで、名前詩作品の印刷に向いているのは顔料インクが使われているプリンターなのです。

日本で有名なプリンターメーカーといえば、エプソンとキヤノンです。国内大手のニ大メーカーです。さて両社のプリンターの違いはわかりますか。

エプソン

顔料インクが得意なメーカーです。大判プリンターシリーズにマックスアートブランドがありますが、プロ御用達のプリンターです。その技術が小型の汎用プリンターシリーズにも使われていたりしますので、名前詩の作品印刷にオススメです。マックスアートはインクが安いので、ランニングコストがかかりません。黒インクの黒さ加減が、さすが顔料といった感じの、力強い真っ黒な文字になりますので、名前詩との相性はバッチリです。

キヤノン

キヤノンはキャノンではありません。キヤノンです。ヤは大きなヤです。このメーカーは鮮明な印刷ができます。染料技術が優れているのです。キヤノンでは顔料プリンターも販売していますが、エプソンの顔料技術には、まだ勝てないようです。名前詩の印刷を考慮するとやはりエプソンに軍配が上がります。黒インクの成分の差なのかわかりませんが、黒い文字を印刷すると弱々しい感じがします。染料プリンターは戦目に印刷できるのですが、耐久性が極端に悪いため、販売用の名前詩作品には怖くて使えません。

販売用の名前詩を作るのでなければ、1万円代の安いプリンターで十分です。どちらのメーカーからも販売されています。販売しなのであれば耐久性も気にすることはありませんので、エプソンでもキヤノンでも好きなプリンターを買いましょう。販売も視野に入れるのであればやはりエプソンです。余裕があれば、マックスアートシリーズ、そうでなければプロセレクションシリーズがオススメです。

レイアウトソフト

完成した詩をレイアウトをして仕上げるのですが、そのためのレイアウトソフトが必要になります。基本は文字入力ですので、文字が入力できればよいわけです。では、どんなソフトがあるのでしょう。趣味用と販売用で分けて説明します。

素人が趣味で使う時の素人用のソフト

素人が趣味で使うにはワードや一太郎で十分です。少し無理はありますが、パワーポイントでも大丈夫です。使いかたによってはエクセルでもいけます。そして、年賀状作成用のハガキソフトも使えます。近年は年賀状を出す人も大分少なくなりましたので、この手のソフトを持っている人も少なくなりましたが…。

あくまでも趣味用途

ワードや一太郎といったソフトは文字入力がメインのソフトですので、文字入力に特化しています。つまりレイアウトとしての機能は備わっていません。いつものように文字入力をして印刷をするだけです。仕上がりもワードっぽい、一太郎っぽいです。

文字入力のための機能は充実していますので、報告書や手紙といった、単なる文章を入力するだけなら十分なソフトなのですが、文字作品を作るための品質を求めることはできません。

パワーポイントやエクセルについては用途が全く異なります。あくまでも趣味の範囲内で使うソフトということになります。本格的なレイアウトに使うことはできません。

これらのソフトは、名前詩作品の仕上がりや完成度にこだわらない人向けのソフトです。素人が趣味で名前詩を作る分には何ら問題はありません。名前詩を趣味として楽しみたいという人にとっては必要十分だといえます。しかし、販売用の名前詩のレイアウト用途で使うには、とてつもなく無理があります。

それでは完成度にこだわりたい人は何を使えばよいのか?

販売用の本格的な名前詩をレイアウトするソフト

スバリ!オススメはAdobe社のIllustratorです。しかし文字入力という用途を考慮すると、やはりIllustratorが絶対オススメです。プロのデザイナーが好んで使うクリエーター御用達のソフトです。

AdobeといえばPhotoshopが有名ですが、もちろんPhotoshopでも使えます。InDesignでも構いません。しかし、名前詩作品ということを考慮すると、やはりここは、Illustratorに軍配が上がります。

Illustratorのレイアウト性能は非常に優秀です。思い通りのレイアウトができます。色の管理も簡単ですので、名前詩作りには最適なソフトなのです。その上、プロ用のDTPソフトですので、印刷業者への入稿もIllustrator形式で行うことができます。

レイトアウトについては活版のように一文字ずつ配置するとも容易にできますので、作品の完成度は秀逸です。文字効果もドロップシャドウといった効果や、写真の配置、イラストの配置、オリジナルの落款も配置どころか、作成自体も簡単にできます。

このソフトに使い慣れると作品の可能性は無限大に広がります。高機能ソフトですので、その価格は残念ながら安くはありません。クラウドソフトですので、パッケージ購入というカテゴリーもありません。クラウドのみです。常に最新バージョンで使えるので、とても便利なのですが、使用期間中は全てペイ対象になっています。

Adobe社のソフトは一定期間無いであれば、無料使用ができるようになっていますので、無料体験を経由しての購入がオススメです。使い勝手を確認した上で正式な購入を検討すればよいのです。とにかく販売用の名前詩を作るにはIllustratorしかありません。絶対オススメです。

フォント

作った名前詩を作品化するには、フォントが必要になります。PCに、はじめから入っているフォントでもかまいませんが、それらを使うと機械的な感じになってしまいます。あえて、機械的なイメージを意図した作品にするのではあれば、それでもいいのですが、躍動感を狙うのであれば、他のフォントを使用しなければなりません。

最近は多くのデザインフォントが売られています。前述のハガキ作成ソフトにも多くのフォントが付属しています。低価格のハガキソフトにも、デザイン性の高いフォントが付属していることもありますので、使いようによってはいい作品になるかもしれません。侮れませんね。

デザインが豊富

フォントには様々なデザインのものがあります。例えば代表的なデザインは筆文字。名前詩の定番です。名前詩といえば筆文字が相場といっても過言ではありません。その証拠に販売されている名前詩のほとんどは筆文字です。名前詩に一番合うのでしょう。

あえて和風をはずす

さて、筆文字だけが名前詩で使えるフォントではありません。例えば、映画の字幕で使われているような、シネマ系のフォントも合います。美術館で使われているような、アーティスティックなグラフィックフォントも名前詩に合います。

フォントは実店鋪にはあまり流通しません。やはりネットで探すのが一番です。種類もデザインも豊富です。趣味でフォント作成をしている人もいて、高品位なフォントが低価格で手に入ることもあります。あなたの感性にマッチするフォントを見つけることができるはずです。

フォントの注意点

フォントをウ時に注意しなければいけないことがあります。まずは文字の種類です。通常フォントの規格はJIS第一水準とJIS第二水準のパッケージになっていますが、フォントによっては、JIS第一水準のみとか、教育漢字のみといったものもあります。これは漢字の種類です。パーケージされている漢字の数のことです。やはり理想はフルパッケージです。買う時に注意して買いましょう。中にはひらがなのみのフォントもありますので要注意です。漢字の名前詩の場合は特にそうですので気を付けて買いましょう。