名前詩販売はレンタルサーバーにするか楽天かYahooか!

Pocket
LINEで送る

名前詩のネットショップを開業する時に悩むのが、レンタルサーバーを借りて自前のネットショップを開業するか、それとも、Yahoo!ショッピングや楽天市場のような大手ショッピングモールと契約して出店するか、という問題です。どちらも一長一短。決めるまで時間がかかりそうです。単純に楽天やYahoo!ショッピングの知名度で判断すると集客力が魅力的ではありますが、その実、モール内での露出の問題もあるのです。結局お金がかかるシステムなのです。さて、では、いったいどちらがいいのでしょうか。




レンタルサーバーとショッピングモールを比較

レンタルサーバーを借りての運営と、ショッピングモールへの加盟。ネットショップを開業する時の大きな選択肢です。どちらがいいのか悩みます。人々の傾向はこうです。HTMLの知識を多少持っている人は、レンタルサーバーを選びがちです。自由度が圧倒的に高いですからね。その逆に、そのようなスキルがない人は、手軽さから楽天やYahoo!を選ぶ傾向にあります。そして、ビジネスシェアを伸ばしたい人は両方を運営する傾向にあります。

素人でも簡単に出店できるショッピングモール

ショッピングモールの良さは出店が簡単なことです。加盟してしまえば、素人でも簡単にショップを持つことができます。何かとコストがかかるイメージもありますが、最近は月額基本料金は0円とか、かかったとしても、少額の場合がほとんどですので、基本料金については気にする必要はありません。

しかし、商品が売れた時には、売れた分だけの手数料を取られてしまいます。それとモール自体の規約がありますので、あれこれ制約されるため、自由度についてはレンタルサーバーのそれとは天地の差があります。モール自体のルールは厳守しなければなりませんので、そのルールの中での運営をしなければなりません。

露出が難しく苦戦することも多い

ショップ自体は簡単に作れますが、作ったショップを消費者に見つけてもらわなければなりません。見つけて貰わなければ、いくらすばらしい名前詩を販売したとしても誰ひとりとして買う人はいないでしょう。山の中の人のいないところで名前詩を売っているようなものです。ではどうすればよいのか?

広告費をかけるのです

露出を高めるには、やはり広告の出稿が必要になるのです。ショッピングモールのあなたのサポート担当者は、しつこく広告の営業をかけてきます。ほぼ毎日電話かメールがきます。モール運営者としても広告料金も売上の柱になってるはずですから、ビジネスとしては仕方のないことなのですが、気の弱い人は、その営業を断ることができず、無駄な広告費がかさんでいく可能性があります。結局徹いすることになるかもしれませんので、注意が必要です。モールとはそのようなシステムで成り立っているのです。

楽天とYahoo!ショッピングは2大ショッピングモール

ネット上には大小、様々なショッピングモールが存在します。数年前は、今よりももっと多くのモールが存在していました。しかし、その多くは営業を停止しています。やはり楽天とYahoo!には勝てなかったのです。圧倒的知名度と集客力がある楽天とYahoo!。この2大モールには勝てるはずがありません。シェア拡大目的で加盟するのなら、迷わず両方への加入をすべきなのです。この2大モールに出店すれば、日本全国のモールに出店したのと同じぐらいの効果があるのです。この二つがネットショッピングモールを牛耳っているのですから。




オススメは楽天

楽天は出店ショップのデザインの完成度からも素人運営が多いことがわかります。あなたが副業として、または、はじめてネットショップを開業するのなら、楽天がおすすめです。なぜなら、楽天はアフィリエイトでも有名なのです。そのシステム利用者から気に入られれば、宣伝効果は抜群です。アフィリエイターはあなたの名前詩を全国的に宣伝してくれるはずなのです。わざわざ、A8とかに加盟する必要がないのです。

レンタルサーバーの場合

対して、レンタルサーバーを借りての自前ネットショップサイトの構築開業。副業希望者が、将来的なビジネス繁栄を視野に入れ、それを念頭にすると、やはりレンサバでの運営を選択することでしょう。楽天やYahoo!にみられる、限られたサイトデザインや運営規約の自由度の無さを、そのまま伸びしろとして置き換えると、レンサバが魅力的に見えます。どうせやるなら天井の無い場所、縛りのない、思い通りのビジネスをしたくなるのです。

少しはスキルが必要

レンタルサーバー。ちょっと難しそうなイメージもあります。HTMLの知識が少しでもある人は難しくありません。全く無い人でもレンタルサーバー自体のマニュアルが完備されているので、説明どおりにやれば、ドメイン設定やら、ワードプレス等のCMSのインストールも、15分もあれば簡単にできます。

これらの単語を初めて聞く人には、やはり難しそうとか、ハードルが高そうだなと思えてしまいますが、やってみると実はそうでもないのです。食わず嫌いといったところでしょうか。誰でも未知の世界には拒否反応を示すものです。

なんといってもネット上にマニュアルが溢れていますので、サイト構築からワードプレスなんかのカスタマイズも簡単にできてしまいます。

コスト面はショッピングモールと同様。宣伝広告費、ランニングコストとしてレンタルサーバー月額使用料金がかかります。

人気のレンタルサーバー

ロリポップ、さくら、エックス。これらはどれもレンタルサーバーの名前です。と同時に利用者の多い人気のサーバーです。初心者はロリポップかさくらを好んで使います。ロリポップとさくらは料金的にも安いので、やはり初心者向けです。サーバーのタイプにもよりますが、ロリポップ、さくら、エックスが安い順です。一番人気はロリポップでしょうか。

用途で選ぶと失敗しない

サーバーを借りる時、その用途を考慮して借りると失敗しません。名前詩の販売用として使うなら、高性能なエックスは必要ありません。スペックの高いサーバーは、高付加にも耐えられるようになっていますが、名前詩の販売程度では高負荷になることはありませんので低価格サーバーで十分です。つまりロリポップかさくらを選べばよいのです。

ロリポップサーバー

最近頑張っているのがロリポップです。昔は評判が悪く、レビューの中身は最悪でした。ところが最近はずいぶん頑張っているようで、かなりの高評価です。低価格サーバーにありがちな、不安定な状態になったり、表示が遅かったり、突然落ちる、といったことが全くなくなりました。さくらも似たような減少が起きていて、それは今も改善されていないようです。特にアクセスが集中した時はサーバーがダウンします。サーバーダウンは低価格サーバーの宿命とも言えますが、ロリポップはかなり改善できています。



企業努力が目覚ましい

ロリポップは低価格サーバーなのに、低スペックではありません。まず表示が早い。特にワードプレス利用時に効果を発揮する、モジュール版PHPというものが標準装備されています。ロリポとさくらとエックスの体感表示速度を試しましたが、ロリポが最速でした。そして低価格サーバーは、アクセスが集中した時に、転送量にリミッターがかかるシステムになっているのですが、これもロリポは他の二つのサーバーよりも高く設定されているようで、リミッターがかかることなく、その集中したアクセスを楽々と捌いてくれました。そして更にロリポップはSSLが無料で使えます。SSLとはURLにsがつく、いわゆるhttpsのことです。もちろん独自ドメイン単位で全て無料です。

名前詩の販売にオススメの人気のレンタルサーバー、ロリポップなのです。

Pocket
LINEで送る