名前詩の作り方のコツ!このふたつのコツを覚えれば簡単に作れる

Pocket
LINEで送る

名前詩の作り方を覚えようと「名前詩 作り方」というキーワードで検索し、このサイトにたどりついた人もたくさんいることでしょう。当サイトでは数多くの名前詩の例文を無料公開しているので、検索でヒットしやすくなっているようです。それだけ多くの人が名前詩の作り方を覚えようとしているのです。相手のことを一番よくわかっている人が作るからこそ「感動」するのです。自分で作りたいと思ったあなたの選択は決して間違いではありません。

作るのが難しそうな名前詩ですが、作ってみると実はとっても簡単に作れちゃうんです。名前詩の例文を参考に、まずは自分で作ってみましょう。

作りやすい名前で作るのがコツ

ポイントは、架空の人ではなく、実在する知り合いの名前で作ってみることです。しかも簡単な文字で構成された名前。例えば「いとうたかお」「あさかたつこ」といった名前です。いきなり創作難易度が高い「ぎ」「ざ」「る」が入っている名前で作ると、時間ばかりかかってしまい挫折します。初めて作るにもかかわらず、良い文章を作ろうとして、内容を吟味するあまり、リキみ過ぎ、頑張り過ぎる人も、力尽きるて挫折しますので気をつけましょう。

テーマを設定するのがコツ

そしてもうひとつ大切なことは、テーマを設定することです。いわゆるお題のことです。何のテーマも設定せずに、むやみやたらと作ろうとしても、ただ時間だけが過ぎてしまい、嫌になります。必ずテーマを設定しましょう。オーソドックスに、誕生日向けや金婚式向けといったギフト用途のテーマがオススメです。

名前詩の作品化も超簡単に出来る!

自己流で作った名前詩。作った時点では単なる文章。この文章に魂を込めて作品として完成させなければなりません。果たして素人にも素敵な作品を作ることは出来るのでしょうか?答えはイエス!しかも超簡単にできます。素敵な作品として仕上げることが出来るのです。

文字を書くのが苦手な人は鉛筆書き

一番簡単な方法は鉛筆書きです。鉛筆で紙に名前詩を書くだけです。小学生でも出来ます。そしてオプション。紙の種類と鉛筆の種類を変えるだけで、作品が変化してゆくことを感じることが出来るようになります。これが感性です。これを感じることが出来るようになると作品作りが楽しくなります。そしてあなたの感性が磨かれてゆきます。ケント紙や和紙のポストカードに4Bの鉛筆を使ったり、いろいろと変えてみるとグッドな作品が生まれます。

割り箸書き

墨を使いたい人は、割り箸がオススメ。筆を使うのはありふれているのと、準備や手入れが面倒。てっとり早く作品を作りたい人は割り箸を使います。やってみると味のある素敵な作品になります。




Pocket
LINEで送る