名前詩を買うキッカケ!購入者の9割がしている行動!副業ヒント

名前詩を買う人は今も大勢います。名前詩はまだまだ廃れていません。名前詩を売る人も増えています。これだけ名前詩ショップが増えているにもかかわらず、まだまだ増えているのです。本業として、副業として、これからも増え続けるでしょう。プレゼントやギフトといったニーズがある限り増え続けるのです。増えれば増える程、この分野自体が拡大しますので、知名度が上がり、更に売りやすくなり、もっともっと増える可能性があります。

さて、この記事を呼んでいる人の中には、名前詩を買った経験のある人もいるでしょう。そして、今後、買う予定のある人もいるでしょう。その逆に、副業として開業して売ってみたいと思っている人もいるでしょう。

サイドビジネス希望者に、その副業の成功のヒントとして、名前詩を買う決断をする人の共通の特徴をお教えします。何故その人は、名前詩を買おうと決断したのか、名前詩を買うに至ったその経緯や理由はいったいなんなのか。気になるところです。これから名前詩の販売を予定している、副業希望者にとって、大儲けのヒントになるかもしれません。




名前詩を買う人の90パーセントの人はこれをやっている

どの名前詩を買おうか?いくらぐらいの名前詩を買おうか?そんな悩みを持ちながら、ネットショップを探している家族。よくある光景です。さて、この人は初めから名前詩を買うことを決めていたのでしょう?どこで買うのかを迷う前に、そもそも、どこかの段階で買うこと自体を決断しているはずです。それはどんなキッカケだったのでしょうか。それでは紐解いてみましょう。

この人は、

  1. 名前詩というものを知り
  2. 名前詩に興味を持ち
  3. 名前詩を身近に感じて
  4. 自作という欲望がわき
  5. 自作に挑戦し
  6. 時間だけが経過し
  7. 時間を金銭に換算し
  8. 作れないと諦め
  9. 買うことを決断する

この人が名前詩を買おうと思った瞬間は、作れないと諦めた時です。それをキッカケに買うことを決断しているのです。

そして、もうひとつ言えることは、このような買い方をしている人は、この人だけではないという事実です。名前詩購入者のほぼ9割の人がこのルートを踏んで購入にいたっています。自作しようとしている人と買う人は実は同一人物なのです。作ろうとして作れなかった人が買う人になのです。名前詩を作ろうととして失敗した人が名前詩を買うことになるのです。つまり、あなたに利益をもたらす人は、名前詩を自分で作ろうとしている人なのです。

どの段階で自作を諦めているのかは個人差があります。なんとか作詩するところまではたどり着いたものの、作品化でできないという人もいます。その人の場合は作品化の段階であきらめれるのです。つまりその瞬間が買うことを決断した瞬間なのです。




これから、名前詩を売って副業に挑戦しようと思っている人は、このキッカケを利用すると、絶大なる効果を得ることができます。とてつもない利益を生み出すこともあるのです。

このことは、作詩の段階に限らず、ですので、例えばデザイン性の優れた作品を販売することでも同様の効果が得られます。あなたの作品を見て、自分でもできそうだと思い、あなたのデザインを参考に作品を作ろうとしてみたはいいけど、やはりうまくできず諦める。その瞬間あなたが売っている名前詩の購入を決断するはずです。自分で作ろうとするぐらい、あなたの作品を気に入っているのですから。他の店で買うワケがありません。あなたのサイトに長時間滞在しているという、あなたにとって最高の状況になっているのです。あとは買い手の背中を得すだけの状態です。あなたはクロージングをかければいいのです。遠慮せず、思っいっきり派手にクロージングをかけてください。その買い手は絶対に逃げません。実店鋪ならストレートに「お買い上げ有難うございます」これで決まりです。5万円の名前詩がひとつ売れました。

この人はあなたの作品を気に入っています。間違いなくあなたの作品に親近感を持っています。だから、あなたの作品を参考にして似たような名前詩を自分で作ろうとしていたのです。それに作者であるあなたが現れ、あなたを見る目は尊敬以外のなにものでもありません。この人にできなかったことをあなたはしているのですから。他の店で買う理由を見つけることはできません。

自分で作ろうとしている人と購入者は同一の可能性が高い



このキッカケで買う人はあなたのファンになる

ここまでして買った名前詩。買った人は買ったことに後悔するはずがありません。この人の頭の中は「自分はいい買い物をした!」ただそのことしかありません。後悔という言葉自体この人には存在しないのです。

このようにして買った名前詩。この人は間違いなく、あなたの作品のファンになっているはずです。ファンという存在を得たあなたのビジネスには、今後大きな大きなチャンスがくる可能性があるのです。

たったひとりのファンでも、その人が広げるたった一言の口コミは、何よりも何よりも宣伝効果があります。次つから次へのお客さんを連れてきてくれるでしょう。あなたの名前詩を知った時の衝撃を、知り合いにも味あわせたくて、口コミを続けてくれることでしょう。

名前詩を自分で作ろうとしている人は、この世で最強の見込み客なんです!

あなたの名前詩ビジネスに幸あれ!