名前詩を売って稼ぎたいあなたの背中を押して差し上げます!

突然ですが、あなたは名前詩に興味をお持ちですか?買いたいと思っているのですか?自分で作りたいと思っているのですか?それとも…

ネット上に増え続けている名前詩のネットショップ。名前詩の販売店です。そして代理店。相当な数ですが、今後もまだまだ増え続けると言われています。理由は簡単だからです。素人でも参入しやすいのです。

さと、あなたはどうでしょうか?名前詩の販売に興味をお持ちではないですか?売りたいけどなかなか決心がつかないのではないですか?




名前詩の出来が気になって販売に踏み切れない人へ

名前詩は短時間で簡単に作れます。そして大量に作る事もできます。難しく考えると、いつまでたっても作れません。まずは行動です。

もしあなたが名前詩を販売したいと思っているのであれば、詩の完成度を優先せずに見切り発車でいきまょう。やったモン勝ちです。完璧なものを求めて完成度ばかり気にしていたら、いつまでたっても売ることはできません。

あなたが悩んでいるこの瞬間も、全国の誰かが名前詩の販売を開始しています。あなたの悩みは名前詩が1つ売れた瞬間に綺麗さっぱり全て解消されます。あなたが今やるべきことは行動することなのです。

名前詩を販売する人達の心理

1度作れば、すぐに作り方のコツもつかめます。そして何度か作っているうちに、作り方にクセが出てきます。自分で作りやすいように作るので、必ずクセが生まれます。時間のかかる作り方は絶対にしなくなります。何度か作っているうちに効率のよい作り方を身に着けてしまうのです。そして、それが自然に作風へと変化します。

この瞬間、自分のスタイルを見いだすわけです。そしてここで大胆なことを考えます。「もしかして、作品として売れるのではないか?」と。そしてこれが現実化してゆくのです。

自分で作ったことのある人のほとんどが、自分の名前詩が売れるのではないかと期待するのです。ちょっとした小遣い稼ぎになるのでは?副業になるのでは?もしかして本業になったりして!と期待するのです。

そしていずれライバルとなるであろう、数多くある「名前詩」のネットショップにアクセスし調査をしだすのです。これが「名前詩」のネットショップ開業の第一歩です。

アクセス先のショップは、ほぼ素人まるだしのチープで趣味的な安っぽいショップ。つまり「この程度で売れるなら自分でもできそう!いける!」と思えてしまうのです。

素人の香りのするショップが多いからこそ「この程度なら自分にもできるのでは?」と思わせてしまうのです。まさに負のスパイラル。名前詩ロジック。素人ライバルショップが素人ショップを呼び込んでいるという構図になっているのです。そして今後もまだまだ増え続けるのです。

名前詩の販売者は素人だらけです。副業の会社員、専業主婦、学生。あなたが素人ならこの業界に自信を持って参入しましょう。素人ならでは儲けのアイデアが浮かんでくるかもしれません。さあ先を越される前に行動しましょう。




名前詩の販売は自営業のうまみを知ることができる!

個人事業主、自営業、ネットショップオーナー。どれも会社員とは違う世界があります。自営業を一度でも経験してしまうと、もう二度と会社員には戻れなくなります。経験した人だけがわかる自営業のうまみ。あなたも知りたいないですか。自分のペースで仕事が出来る、会社員とは違う素敵な生き方が出来ます。

ビッグチャンスが眠っている

名前詩、ネーム入りポエム。呼び方はいろいろですが、名前詩の知名度は、まだまだです。ギフト用途として利用されることが多いため、普段贈り物をする習慣のない人達からすれば、名前詩なんて、見たことも、聞いたこともないというのが現実です。つまり、ビッグチャンスか眠っているということです。後発でもまだまだその可能性はあるのです。アイデア次第でどうにでもなります。名前詩のネットショップはあっても、実店鋪はほぼありません。これもまたチャンスでもあります。無理だと思えば、それで終り。その先に進むことはできません。

まずは無理せず副業から

とはいってもやはり、不安もあることでしょう。いきなり名前詩の販売一本で生計をたてようとすると頑張り過ぎて疲れてしまいます。まずは、本業ではなく、副業としてスタートしましょう。売上が安定するまでは、絶対に会社を辞めないでください。会社を辞めるのは売上が安定してからです。まずは無理せず副業からです。いつの日かあなたが、名前詩を売って良かったと笑顔になる日を期待して…。