古希と古稀の違い

古稀と古希は何が違うのかを、丁寧にわかりやすく解説しています。

長寿のお祝いのひとつ「古希」。長寿のお祝いの順番は、主なもので、還暦、古希、喜寿、傘寿、米寿、卒寿、白寿です。

60歳、70歳、77歳、80歳、88歳、90歳、99歳。古希は長寿のお祝いの中の2番目のお祝いです。

さて、その古希についてですが、どの漢字なのかで?で迷う人がいます。それは「古希」と「古稀」。どちらが正しいのでしょう?その疑問にお応えしましょう。

古稀と古希は何が違うのか

その答えは字が違います。ただそれだけの違いなんです。使う文字、漢字が違うだけです。どちらも古希です。意味は同じです。

古希は、唐の詩人「杜甫(とほ)」の詩の「曲江詩」の中の「人生七十なり」に由来しています。つまり本来は「古稀」という字ですのが、現在は古希を使うことが多いです。ほとんど、古希ですね。

文字以外に古希と古稀の違いは?違いはありません。同じです。字が違うだけです。悩む必要はありません。簡単に考えましょう。

古希も古稀も正解です。

古希70歳のネームインメッセージ-例文

ひさや

古希70歳父親のお名前詩

たすら頑張り一生懸命
人生重ねて70歳
らなる道のり元気に歩む
日本一のお父さん
さしい心で家族を包む
みんなの自慢の父親なり

みつこ

古希70歳母親のお名前詩

んなに愛され慕われながら
季節を重ねて70歳
づく道のり笑顔で歩む
明るく元気なお母さん
ころ豊かに家族を見守る
優しさ溢れる母親なり

かつじ

古希70歳父親のお名前詩

ぞえきれない山越え谷越え
年月重ねて70歳
ねに家族に愛情注ぐ
大きな心のお父さん
んせい歩んで一生懸命
幸せ咲かせた父親なり

まさゆき

古希70歳父親のお名前詩

けず挫けず一生懸命
いげつ重ねて70歳
たかな幸せ実らせ続ける
ょうも元気なお父さん
大きな愛情家族に注ぐ
日本一の父親なり

よしこ

古希70歳母親のお名前詩

ろこび実らせ一生懸命
歳月重ねて70歳
たわれ愛されその人生を
明るく元気に歩む人
ころ優しく家族を見守る
愛情豊かなお母さん

つみよ

古希70歳母親のお名前詩

いに迎えた長寿のお祝い
古希の花咲く70歳
んなに愛され慕われながら
笑顔で過ごすお母さん
うきに元気に家族を見守る
日本一の母親なり

みきた

古希70歳祖父のお名前詩

ちのり山越え谷を越え
立派に歩んだ70歳
ようも元気に一生懸命
幸せ広げるおじいちゃん
えず家族に愛情注ぐ
優しさ溢れる福の人

やずと

古希70歳父親のお名前詩

まほど喜び花咲かせ
元気に迎えた70歳
っと笑顔で人生重ねる
長命長寿のおじいちゃん
ことん優しく家族を見守る
日本一の福の人

タイトルとURLをコピーしました