金婚式の祝い方

金婚式の祝い方。金婚式に限らず結婚記念日のお祝いは家族でのお祝いが一般的です。結婚記念日のお祝いは基本は家族です。

家族とは、子供や孫のことです。兄弟でのお祝いはあまりきいたことがありません。

子供にとっての両親、孫にとっての祖父母。両親がいるからこその子供であり、祖父母がいるからこその孫なのです。

つまり家族にとってのルーツなのです。

二人が結婚してくれたからこその家族なのです。

金婚式とは結婚50執念のことですから、金婚式を迎えるということは、結婚して50年経過しているということです。半世紀です。簡単なことではありません。

だから「金」なのです。金婚式ですので「金」製品をプレゼントしてもよいのですが、絶対に忘れてはいけないことは記念写真です。家族みんなが写っている記念写真の撮影を忘れてはいけません。これが一生の記念になります。

50年間、いろいろな苦労を乗り越えてきた夫婦。子供には言えないような、大変な苦労もあったことでしょう。記念写真を見た時に、その苦労も、いい思い出になると思います。頑張ってきてよかった。と思えるはずです。

金婚式を記念しての家族旅行もいいでしょう…、家族みんなでレストランで食事をしてもいいでしょう…。でもやっぱり一番は記念写真です。家族みんなが揃っている集合写真がおすすめです。そしてそれはプロの写真家がとったような綺麗な写真ではなく、雑で荒い素人っぽい写真です。これが最高の思い出になります。

0