名前詩-還暦は男性女性で年齢やお祝いの仕方に違いはありません

還暦とは、男性と女性で何が違うのか?という疑問。何が違うのでしょうか。日本の風習は難しいものです。ルールがややこしかったりしますね。還暦も、日本に昔からある、長寿のお祝いという、しきたりのひとつです。男性と女性で何が違うのでしょうか。年齢に差はあるのでしょうか。

還暦は男性も女性も同じ

還暦の年齢は60歳です。昔は数え年を使いましたが、現在は満年齢で還暦祝いをするのが一般的です。満60歳の誕生日に合わせて、還暦祝いをすることが多いのです。

そして、還暦の年齢やお祝いの仕方に男女差はありません。男性の場合は何歳で、女性の場合は何歳です、といった年齢による決まりごとは一切ありません。どちらも60歳で還暦になりますので、同じということになります。

女性の場合はちょっと違う?

同じといいながらも、ちょっとだけ注意をしなければならないこともあります。還暦は長寿のお祝いです。長寿のお祝いイコールお年寄りというイメージが強いのです。

還暦祝のその年令は60歳。若いというカテゴリーに入ります。長寿のお祝いという言葉には、男性でも抵抗がある人が多いのです。「バカにするな!俺はまだ年寄りじゃないぞ」と大声を出すお父さんも多いと聞きます。

女性ならなおさらですよね。もしかすると心が傷つくかもしれません。女性の場合は、男性以上に、さらに還暦に抵抗を感じる人が多いのです。

60歳という年齢は、まだ若いのです。人生の半分だと思ってください。まだまだひょっこといったところでしょうか。若いと思っている女性に対して「還暦祝い」はどうしてますか?なんてことは言えませんね。かなり勇気がいることなのではないでしょうか。

その人、女性自信がユーモラスに自虐的に言うぶんには全く問題ないことなのですが、家族ならまだしも、会社の同僚や後輩といった他人からは、なかなか言えませんね。60歳はデリケートな年齢なのです。

長寿のお祝いから連想するものは、お年寄りではないでしょうか。若いと思っている女性に、お年寄りを連想する言葉を伝えることは避けたいところですね。

では女性の還暦祝いはどうすればいいの?

やめましょう。還暦祝いはしない。という選択があります。全くお祝いをしないのでは、ちょっと寂しすぎますので、長寿のお祝いという形式ではしない、という選択です。

つまり、60歳の誕生日祝いをすればいいのです。丹治曜日としてお祝いをするのです。そして、そのお祝いの席の中で、さりげなく還暦についての話題にふれ、そういえば還暦だよね、とか、まだまだ若いから還暦というイメージは全くないよね。でも一応おめでとう。というように、言葉だけでお祝いをしてあげましょう。

長寿のお祝いは、還暦からはじまり、主なものだけでも7回あります。還暦の次は古希ですので、その時には長寿のお祝いとして盛大に祝福してあげましょう。ちなみに古希のお祝いは70歳です。そろそろお年寄りの仲間入りの年齢といったところです。その頃には女性も抵抗が薄れているはずですので、おすすめです。

還暦には、男性が何歳、女性が何歳という男女差はありません。

男性と女性への還暦祝いの名前詩

還暦60歳のお祝い向けにその人の名前を入れて名前詩を作るとこんんな感じになります。名前詩とは「あいうえお作文」の名前版のことです。ネーム入りポエムともいいますね。還暦祝の定番でもあります。贈る人へのメッセージを込めて作ると気持ちが伝わります。

女性いくえ

母親への還暦祝い-満60歳のあいうえお作文メッセージポエム

つも幸せ実らせながら
季節を彩り60歳
じけず元気に一生懸命
年月重ねるお母さん
がおで家族を見守り続ける
日本一の母親なり

女性たかこ

還暦60歳の母親宛の名前詩例文です。60歳という還暦の記念の年齢も読み込んでいます。

えず明るい笑顔を咲かせ
季節を彩り60歳
わらぬ優しさ家族に注ぐ
明るく素敵なお母さん
う福実らせ一生懸命
元気に過ごす母親なり

男性たかお

還暦60歳の父親への名前詩例文です。こちらのポエムにも60歳という年齢を読み込んでいます。

に越え山越え一生懸命
道のり歩んで60歳
ぞえきれない幸せ咲かせ
人生重ねるお父さん
おきな心で家族を守る
明るく元気な父親なり

男性てつお

父親への還暦祝い-満60歳のあいうえお作文メッセージポエム

んかを彩る幸せ広げ
道のり歩んで60歳
き日重ねて一生懸命
元気に立派に過ごす人
おきな愛情家族に注ぐ
日本一のお父さん

女性はるこ

母親への還暦祝い-満60歳のあいうえお作文メッセージポエム

れやか笑顔の花咲かせ
季節を彩り60歳
いなき幸せ実らせながら
年月重ねるお母さん
ころ優しく家族を見守る
日本一の母親なり

男性ふくお

父親への還暦祝い-満60歳のあいうえお作文メッセージポエム

くを育み実らせながら
年月重ねて60歳
じけず元気に一生懸命
道のり歩むお父さん
おきな心で家族を包む
日本一の父親なり




Pocket
LINEで送る