名前詩無料例文-銀婚式のプレゼント、お祝いに

銀婚式のプレゼントやお祝い向けの夫婦二人の音読系お名前詩、ネームポエムの無料例文です。例文には銀婚式の記念の年数「25年」を読み込んでいます。年数の部分を「銀婚式」という言葉に入れ替えても、ネームポエムの文面が成り立つように作っています。お名前詩のコトノハヤ。

プレゼントをする相手が両親の場合は文中の「夫婦なり」の部分を「父と母」、祖父母へのプレゼントの場合は「祖父と祖母」に便宜かえてご利用ください。

なつお、あきこ

んども寄り添い支え合い
き日重ねて25年
おきな喜び実らせながら
いを深めた夫婦の姿
ょうも明日も仲睦まじく
う福分け合う父と母

かずお、まさこ

この銀婚式のお名前詩は東京都-銀座のみゆき様からのリクエストで作りました。

わらぬ愛情注ぎ合い
っと寄り添い25年
だやか笑顔で並んで過ごす
ことに仲良き夫婦の姿
いげつ重ねて喜び咲かせ
ころ深めた父と母

としや、まいこ

この銀婚式のお名前詩は、福島県-としくんまいちゃ様からのリクエストで作りました。

しつき重ねて仲睦まじく
あわせ分け合い25年
さしさ注いで絆を強め
っすぐ一途に寄り添う二人
つも笑顔で並んで過ごす
ころ結んだ父と母

まこと、かえで

東京都-やや様からのご依頼

っすぐ一途に支え合い
ころ深めて25年
おい道のり手をとり歩み
がやき続ける父と母
がおで寄り添い仲睦まじく
っかい幸せ分け合う二人

ひでき、てるこ

和歌山県-まゆ様からのご依頼

ゃく年かわらぬ夫婦愛
あい寄り添い25年
ぼうの花咲くその道のりを
をとり歩む仲良き姿
り色輝く喜び咲かせ
ころ深めた父と母

だいすけ、なな

三重県-クマ様からのご依頼

いじにその愛育みながら
つも寄り添い25年
べてを分け合い心を深め
っして離れぬ夫婦の姿
な色輝く喜び咲かせ
かよく過ごす父と母

まさゆき、ゆい

っすぐ一途に支え合い
いげつ重ねて25年
めと幸せ分け合いながら
ずなを強めた夫婦の姿
く道手をとり笑顔で歩む
つも仲良き父と母

しげじ、もとこ

げの行のフレーズは、げんきに寄り添い25年ではなく、げんきに迎えた銀婚式としてもいいですね。

あわせ分け合い支え合い
んきに寄り添い25年
かんを重ねてその愛深めた
ちつ持たれつ仲良き姿
おい道のり手をとり歩む
ころ一途な父と母

てつじ、てるえ

をとり仲良く支え合い
ねに寄り添い25年
んせい重ねて心を深め
んかに輝く夫婦の姿
いなき幸せ分け合いながら
がおで過ごす父と母

やすじ、えみこ

まほど幸せ叶え合い
ごした年月25年
っとその愛育みながら
がおで絆を強めた二人
つめ寄り添い仲良く過ごす
ころ一途な夫婦なり

ふみひこ、じつこ

たり手をとり支え合い
ちのり歩んで25年
とつに結んだ
ころを深め
んせい寄り添う仲良き姿
き日重ねて絆を強め
う福広げる夫婦なり

とおる、まき

もに手をとり歩んだ道のり
だやか笑顔の25年
り色輝く幸せ咲かせ
っすぐ一途に寄り添う二人
ょうも明日も仲睦まじく
愛を深める父と母

まさみつ、なりこ

っすぐ一途に歩んだ道のり
だめを結んで25年
つめ寄り添い
き日を重ね
らんで過ごす仲良き姿
そうの幸せ実らせながら
ころ深めた夫婦なり

よしひこ、さとこ

り添い互いに支え合い
あわせ広げて25年
とつに結んだ
ころを深め
だめの道行く仲良き姿
もに手をとり笑顔を咲かせ
う福分け合う夫婦なり

かずお、りょうこ

わらぬ愛情注ぎ合い
っと離れず25年
だやか笑顔で
ょう手をつなぎ
り添い続ける夫婦の姿
んめい結んで仲睦まじく
ころ深めた父と母

いさむ、けいこ

つも寄り添い支え合い
いげつ重ねて25年
すんだその愛育みながら
っして離れぬ理想の姿
くつも幸せ分かち合い
ころ深めた父と母

けい、まさこ

っして離れぬ二人の定め
つも寄り添い25年
っすぐ一途に心を深め
いげつ重ねる理想の姿
ころ結んで仲睦まじく
幸せ分け合う父と母

たかし、きくよ

えず寄り添い支え合い
がやき続けて25年
あわせ実らせ分け合いながら
せつを重ねる夫婦の姿
もり晴れの日仲睦まじく
うきに過ごす父と母

まさとし、みえこ

っすぐ一途に支え合い
いげつ重ねて25年
もに手をとり
あわせ咲かせ
ちのり歩む夫婦の姿
がおで仲良く寄り添いながら
ころ深めた父と母

かつみ、しのぶ

わらぬ優しさ注ぎ合い
き日重ねて25年
つめ寄り添い仲睦まじく
あわせ分け合う夫婦の姿
を越え山越え並んで歩む
あつい愛の父と母

よういち、ゆきみ

ろこび分け合い過ごした年月
んめい結んで25年
つも笑顔で
からを合わせ
めと希望を咲かせた二人
ょうも明日も仲睦まじく
つめ寄り添う父と母

ふみひこ、きみえ

「夫婦」という部分の読み方は、古風な感じに「めおと」と読みましょう。「父と母」の部分を「祖父と祖母」にすると「祖父母」向けになります。

くを育み実らせながら
ちのり歩んで25年
とつに結んだ
ころを深め
ずなを強めた夫婦の姿
つめ寄り添い仲睦まじく
がおで過ごす父と母

だいじ、ゆうこ

いじにその愛育みながら
つも離れず25年
んせい仲良く手をとり歩み
めと幸せ叶えた二人
んめい結んで絆を強め
ころ深めた父と母

まこと、としえ

っすぐ一途に重ねた年月
ころ結んで25年
おい道のり手をとり歩む
ても仲良き夫婦の姿
あわせ分け合いその愛深め
がおで過ごす父と母

銀婚式のお名前詩の作り方のコツは、25年という、結婚記念日の年数を入れることです。どんな文面でも、この年数を入れることで、銀婚式のネームポエムなります。年数は魔法のキーワードなのです。

くみひこえりか

らくを分け合い支え合い
ちのり歩んで25年
とつに結んだ
ころを深め
がおで過ごす仲良き姿
ょう手繋いで人生重ね
がやき続ける夫婦なり

0
結婚記念日
スポンサーリンク
お名前詩「ことのは家」作者は仙台太郎