長寿のお祝い年齢がわかる早見表一覧と賀寿祝いメッセージ

テレビとかで「長寿のお祝い」という言葉を聞きますが、長寿のお祝いとはなんのことなのでしょう。おじいちゃんやおばあちゃんのお祝いのこと?それとも敬老の日のお祝いのこと?さてなんでしょう?




日本古来の風習

長寿のお祝いとは、奈良時代頃から行われている日本古来の長寿を祝う風習のことをいいます。別名を賀寿ともいいます。

昔の人は短命でしたので、四十歳になると親戚縁者が集まり、お祝いの膳を囲み「無病息災」「健康長寿」を願って御祝いをしたそうです。40歳以降も10年を人生の節目として、年齢毎のお祝い「年祝い」をしていたそうです。

御祝いの仕方は地域による差があるようです。その地域に昔から伝わる習わし、しきたりがあるようです。

長寿祝いの種類・早見表

主な長寿のお祝い一覧です。還暦60歳、古希70歳、喜寿77歳、傘寿80歳、米寿88歳、卒寿90歳、白寿99歳、茶寿108歳、皇寿111歳があります。

最近の傾向

数年前までは、還暦が長寿のお祝いのスタートでしたが、最近は古希からを長寿のお祝いとするご家庭が増えました。60歳といえば、まだまだ現役の働き盛りです。長寿のお祝いをするイメージではないのでしょう。

誰が行うのか

基本的には親しい家族の間で行いますが、最近では、親戚(伯父/伯父/叔母/伯母/兄/姉/弟/妹)、上司(社長/所長/専務/部長/先輩)、同僚、後輩、恩師(先生)、同級会(同級生/幼なじみの友)、取引先、お世話になった医師、幼稚園の先生、園長先生等、家族に限らず祝席をもうける場合もあるようです。

どこで行うのか

普通は一般家庭(個人宅)ですが、人数が多くなる場合は、レストランや料亭、ホテルや旅館といった場所で行うこともあるようです。専用の特別プランや宴会プランを提供しているところもあるようです。

迷った時は

昭和何年生まれの人がどの長寿のお祝いなのか?今年の還暦は何年生まれの人なのか?満年齢なのか?数え歳なのか?迷った時は神社に行ってご確認ください。厄払い等を行っている神社であれば、今年の長寿祝いの詳細も掲示しているはずです。

還暦

還暦とは

60年で干支(十干十二支・六十干支)が一周して、生まれた年の干支に還ることから、「暦が還る」という意味で60歳の長寿のお祝い還暦(かんれき)と呼ばれています。別名「本卦還り」とも言います。

還暦祝いの時に「赤いちゃんちゃんこ」と「赤いずきん」を着用したり、「赤い座布団」に座ったりするのは、「赤ちゃんの頃に生まれ直す」ことに由来しています。還暦→赤ちゃん→赤の連想から、還暦といえば赤、還暦のイメージカラーは赤が定着しました。

現代では60歳といえば、現役で働いている人も多く、「赤いちゃんちゃんこ」や「赤いずきん」の着用を嫌がる人も多く、「長寿のお祝いは古希から…」としているご家庭も増えたそうです。

英語で

「還暦を祝う」を英語にすると

celebrate one’s 60th birthday

「還暦を迎える」を英語にすると、

reach one’s 60th year

さすがに還暦という単語は英語には存在しないのですね。誕生日ということでひとくくりになるようです。欧米には干支も存在しないでしょうから。あたりまえですね。

60歳は定年退職の時期でもある

60歳といえば、定年退職の時期でもあります。60歳の誕生日で定年退職になる場合や、期末で定年退職になる場合等、組織や会社により退職時期は異なるのですが、一般に定年退職と還暦のお祝い時期は重なる可能性が高く、還暦祝いを優先するか、定年退職祝いを優先するか、悩まれる人も多くいらっしゃるようです。直接、ご本人に確認する方法がおすすめです。

還暦の挨拶

還暦祝いの時にどのような挨拶をしましょうか。その前に、まず考えなくてはならないのは、還暦はおめでたいのか?おめでたくないのか?です。おめでたいと思いますか。本人の気持ちになってみましょう。還暦祝いは長寿のお祝いです。誕生日祝いではありません。長寿です。

若い人に対して、長寿という言葉は使いません。若くない人に対して使います。長寿のイメージには若々しさは感じられません。還暦を迎えるご本人の気持ちになってみましょう。

年齢を気にしている人や、見た目の若い人の中には、長寿のお祝いに抵抗を感じる人もいます。還暦よりも誕生日、または定年退職のお祝いをしてほしいという人もいます。還暦と定年退職はほぼ同じ時期のお祝いです。その人がどちらを好むのかによります。

還暦を好ましく思っていない人に「還暦おめでとうございます」という挨拶はしにくいですね。本人を傷つけないように挨拶をしなければなりません。還暦祝いの挨拶は難しいのです。

還暦祝いは、数え年でお祝いするのか?満年齢でお祝いするのか?さてどちらでしょう?60歳か?61歳か?悩むところです。そもそも数え年ってなんだろう?疑問は増すばかり。

今時の還暦祝い

昔と違って今は数え年を使うことはだいぶ少なくなりました。大昔からのしきたりがあるような地域では、厳密なルールにのっとってお祝いするのかもしれませんが、都会ではあまり聞いたことがありません。芸能人の還暦祝いを参考にするとわかりやすいのではないでしょうか。芸能人は満60歳の誕生日に還暦祝いをしています。今時は満60歳の誕生日に還暦祝いをする。これが定番になっています。

還暦は干支で覚えよう

還暦祝いを数え年や満年齢で覚えようとすると、どうしても難しくなってしまいます。ではどうしたらよいのか?

還暦の意味をもう一度思い出しましょう。還暦とは生まれた年の干支に戻ることです。まずはその人の干支を調べましょう。その人が乙未に生まれたのであれば「乙未」の年が、その人が還暦を迎える年になります。生まれた年と同じ干支は60年に1回まわってきます。

十干十二支

十二支は、ね、うし、とら、う、たつ、み…という12種類です。これに十干を加えたものが十干十二支です。十干と十二支の組み合わせです。「ひのえ」と「うま」で「ひのえうま」。聞いたことありますね。

全ての十干十二支

甲子(きのえ-ね)、乙丑(きのと-うし)、丙寅(ひのえ-とら)、丁卯(ひのと-う)、戊辰(つちのと-たつ)、己巳(つちのと-み)、庚午(かのえ-うま)、辛未(かのと-ひつじ)、壬申(みずのえ-さる)、癸酉(みずのと-とり)、甲戌(きのえ-いぬ)、乙亥(きのと-い)

丙子(ひのえ-ね)、丁丑(ひのと-うし)、戊寅(つちのえ-とら)、己卯(つちのと-う)、庚辰(かのえ-たつ)、辛巳(かのと-み)、壬午(みずのえ-うま)、癸未(みずのと-ひつじ)、甲申(きのえ-さる)、乙酉(きのと-とり)、丙戌(ひのえ-いぬ)、丁亥(ひのと-い)

戊子(つちのえ-ね)、己丑(つちのと-うし)、庚寅(かのえ-とら)、辛卯(かのと-う)、壬辰(みずのえ-たつ)、癸巳(みずのと-み)、甲午(きのえ-うま)、乙未(きのと-ひつじ)、丙申(ひのえ-さる)、丁酉(ひのと-とり)、戊戌(つちのえ-いぬ)、己亥(つちのと-い)

庚子(かのえ-ね)、辛丑(かのと-うし)、壬寅(みずのえ-とら)、癸卯(みずのと-う)、甲辰(きのえ-たつ)、乙巳(きのと-み)、丙午(ひのえ-うま)、丁未(ひのと-ひつじ)、戊申(つちのえ-さる)、己酉(つちのと-とり)、庚戌(かのえ-いぬ)、辛亥(かのと-い)

壬子(みずのえ-ね)、癸丑(みずのと-うし)、甲寅(きのえ-とら)、乙卯(きのと-う)、丙辰(ひのえ-たつ)、丁巳(ひのと-み)、戊午(つちのえ-うま)、己未(つちのと-ひつじ)、庚申(かのえ-さる)、辛酉(かのと-とり)、壬戌(みずのえ-いぬ)、癸亥(みずのと-い)

還暦祝いのプレゼント

還暦祝い向けにその人の名前を入れて「あいうえお作文」ネーム入りポエムのお祝いメッセージを作ると、こんな感じになります。以下はその例文です。

たかこ

還暦60歳の母親への「あいうえお作文」ネーム入りポエム

えず明るい笑顔を咲かせ
季節を彩り60歳
わらぬ優しさ家族に注ぐ
明るく素敵なお母さん
う福実らせ一生懸命
元気に過ごす母親なり

たかお

還暦60歳の父親への「あいうえお作文」ネーム入りポエム

に越え山越え一生懸命
道のり歩んで60歳
ぞえきれない幸せ咲かせ
人生重ねるお父さん
おきな心で家族を守る
明るく元気な父親なり




たかし

還暦60歳の父親への「あいうえお作文」ネーム入りポエム

に越え山越え野を越えながら
歩んだ道のり60歳
ぞえきれない幸せ咲かせ
人生重ねるお父さん
ゅん夏秋冬家族を見守る
日本一の父親なり

えず元気に一生懸命
年月重ねて60歳
ぞくを優しく見守り支える
愛情豊かなお父さん
あわせ育み実らせ続ける
明るく元気な父親なり

たえこ

還暦60歳のお母ちゃんへの「あいうえお作文」ネーム入りポエムメッセージ

えず幸せ花咲かせ
重ねた年月60歳
がおで元気に一生懸命
道のり歩むお母ちゃん
ころ優しく家族を見守る
日本一の母親なり

かずや

父親への還暦祝い-満60歳

ぞえきれない山越え谷越え
人生歩んで60歳
っと元気に一生懸命
幸せ咲かせるお父さん
さしく家族を見守り続ける
日本一の父親なり

ふくお

父親への還暦祝い-満60歳のあいうえお作文メッセージポエム

くを育み実らせながら
年月重ねて60歳
じけず元気に一生懸命
道のり歩むお父さん
おきな心で家族を包む
日本一の父親なり

てつお

父親への還暦祝い-満60歳のあいうえお作文メッセージポエム

んかを彩る幸せ広げ
道のり歩んで60歳
き日重ねて一生懸命
元気に立派に過ごす人
おきな愛情家族に注ぐ
日本一のお父さん

はるこ

母親への還暦祝い-満60歳のあいうえお作文メッセージポエム

れやか笑顔の花咲かせ
季節を彩り60歳
いなき幸せ実らせながら
年月重ねるお母さん
ころ優しく家族を見守る
日本一の母親なり

いくえ

母親への還暦祝い-満60歳のあいうえお作文メッセージポエム

つも幸せ実らせながら
季節を彩り60歳
じけず元気に一生懸命
年月重ねるお母さん
がおで家族を見守り続ける
日本一の母親なり

古希

古希とは

唐の詩人「杜甫」の詩の「曲江詩」の中の「人生七十古来稀なり」(じんせいしちじゅうこらいまれなり)に由来しています。昔の人は寿命が短かったので、70歳まで生きるのは希(まれ)だという意味の詩です。70歳の長寿のお祝い古希(こき/コキ/koki)という字は古稀とも書きます。「杜甫」の詩の原文には希ではなく稀という字が使用されていますので、正式には古希ではなく古稀と書くべきなのかもしれません。

古希って何歳?

古希の年齢は70歳です。長寿のお祝いの年齢はわかりにくかったりしますネ。数え年とか。特に還暦。でも、還暦のお祝いを数え年の61歳でする人は少ないです。神社とかで厄祓いをする時は数え年でするのですが、一般には還暦といえば60歳です。芸能人をみればよくわかります。満60歳の誕生日を還暦祝いとしていますね。大切なことはお祝いをすることですから、年齢にこだわる必要はないということです。70歳の時に古希祝いができなかった時は、71歳にしてあげればいいわけです。難しく考えないことです。

古希の年齢

「杜甫」の詩の「曲江詩」の中に「人生七十古来稀なり」の中に「七十」と記されているように、70歳が古希の年齢ということになります。

喜寿

喜寿とは

喜の字を草書体で書くと、七十七に見えるので。77歳の長寿のお祝い。

傘寿

傘寿とは

80歳の長寿のお祝いのことをいいます。傘の略字が八十に見えるのが由来です。傘の略字は、八と十を組み合わせた字です。上が八で下が十ですので、確かに八十と読めます。

具体的に傘の略字がどのような字なのか、残念ながらお見せすることはできません。なぜならば、スマホやPCで傘の略字を変換することはできないからです。略字ですので、学校でも教えていない漢字です。あまり一般的ではない、現代人があまり使わなくなった昔の字ということになります。試しにスマホやPCで変換してみてください。変換候補には傘の略字は出てこないはずです。

傘寿の読み方

「さんじゅ」と読みます。「かさじゅ」「カサジュ」「kasaju」とか「かさことぶき」と言ってる人もいますが、全て間違いですので、どうかご注意ください。「さんじゅ」「サンジュ」「sanju」です。

米寿

米寿とは

88歳の長寿のお祝いのことをいいます。漢字の「米」という字を上と下で分解すると八十八に見えることが米寿の名称の由来です。ちなみに長寿のお祝いは奈良時代頃から行われているそうです。日本古来の長寿を祝う風習のことです。長寿のお祝いは別名賀寿ともいいます。米寿は長寿のお祝いの中でも盛大な会を開くことが多いようです。米寿の主役のおじいちゃんやおばあちゃんと一緒に、温泉旅館に宿泊してお祝いをすることもあるようです。そのような宿泊プランを用意している旅館やホテルも見かけます。

米寿のお祝いに「お名前詩」

長寿のお祝いの定番、名前入りのサプライズギフト。

ゆみこ

母親への米寿88歳のお祝いメッセージ「ネーム入りポエム」あいうえお作文-無料例文

く道山越え谷を越え
歩き続けて88歳
んなに愛され慕われながら
米寿を迎えたお母さん
ころ優しく家族を包む
明るく元気な母親なり

ふさこ

祖母への米寿88歳のお祝いメッセージ「ネーム入りポエム」あいうえお作文-無料例文

くを育み実らせながら
季節を彩り88歳
らなる道のり一生懸命
明るく元気に歩む人
ころ豊かに家族を見守る
日本一のおばあちゃん

うめお

父親への米寿88歳のお祝いメッセージ「ネーム入りポエム」あいうえお作文-無料例文

んと元気に一生懸命
人生重ねて88歳
でたき幸せ実らせ続ける
日本一の福の人
おきな優しさ家族に注ぐ
愛情溢れる父親なり

きえこ

祖母への米寿88歳のお祝いメッセージ「ネーム入りポエム」あいうえお作文-無料例文

らめく幸せ実らせながら
季節を彩り88歳
がおで元気に一生懸命
米寿を迎えたおばあちゃん
ころ優しく家族を見守る
日本一の福の人

すえこ

母親への米寿88歳のお祝いメッセージ「ネーム入りポエム」あいうえお作文-無料例文

こやか楽しく重ねた年月
幸せ広げて88歳
がおで元気に一生懸命
季節を重ねるお母ちゃん
ころ豊かに家族を見守る
日本一の福の人

卒寿

卒寿とは

90歳の年祝いのことをいいます。長寿のお祝いには「定番7種」といわれているお祝いがあります。定番7種が世間一般の長寿のお祝いです。還暦、古希、喜寿、傘寿、米寿、卒寿、白寿です。その中でも卒寿は6番目の90歳のお祝いです。90歳ですから、おじいちゃんかおばあゃん向けのお祝いということになります。卒寿の名称の由来は漢字の「卒」の略字「卆」が九十に見えることに由来します。90歳の長寿のお祝いののことです。卒寿「卒」は卒業の「卒」ですので、更なる飛躍を目指しての「大人からの卒業」ともいえるのではないでしょうか。人としての熟成をなし得るための卒業。

白寿

白寿とは

99歳の年祝いのことです。「はくじゅ」と読みます。なぜ白寿と言うようになったか?名称の由来はこうです。漢字の「百」という字から「一」を引くと「白」になります。100から1をひくと99なので99歳の長寿のお祝いのことを、白寿というようになりました。これが白寿の名称の由来です。

茶寿

茶寿とは

「茶」の字を「草冠の部分」と「草冠の下の部分」のふたつに分解すると、草冠の「十十(←本来の草冠の字形です)」と「米」に分けることが出来ます。草冠「十十」は「十」がふたつで二十、草冠の下の部分は米寿と同様に「米」に見立てて「八十八」になります。20と88を足すと108になるから。108歳の長寿のお祝い。

皇寿

皇寿とは

皇寿「皇」の字を「白」と「一」と「十」と「一」に分解します。白寿と同様に「白」は「九十九」を意味します。「99」に「1」と「10」と「1」を足すと111になります。111歳の長寿のお祝い。

長寿のお祝いに関するよくある質問

喜寿と傘寿

喜寿は77歳の長寿のお祝いです。傘寿の80歳の長寿のお祝いです。77歳と80歳。77歳の3年後が80歳なわけです。期間が3年しかあきません。ここがポイントです。長寿のお祝いなのですが、喜寿か?傘寿か?時期が近いので、どちらかにしぼる人が多いです。健康状態を考慮する必要がありますね。

米寿の年齢

何歳でしょう?88歳です。米寿の米を分解すると、「八」と「十」と「八」になります。八十八です。88歳の長寿のお祝いです。米寿の年齢は88歳なのです。

喜寿と卒寿

喜寿は77歳の長寿のお祝いです。卒寿は90歳の長寿のお祝いです。77歳と90歳。その差13年。77歳という年齢は、高齢を感じさせる年齢です。75歳が後期高齢者ですからね。免許を返納する人も多い年代です。若いころと比べると、身体的機能がだいぶ衰えているはずです。では、90歳はどうでしょう。90歳の卒寿のお祝いの次は、99歳の白寿になります。卒寿から9年後です。9年後ですよ!このことからも、卒寿のお祝いはするべきではないでしょうか?まだまだ元気な人はいっぱいいますが、若い人の10倍ぐらいのスピードで加齢しているかもしれませんので、卒寿のお祝いはするべきなのです。後悔しないためにも!

古希とか喜寿とか難しい

長寿のお祝いは昔の風習なので若い人には特にわかりにくいものです。古希とか喜寿がわからないのは当然のことです。ちなみに古希は70歳、喜寿は77歳です。

昔は長生きをするのは大変だったんです。今とは大違いだったんです。だから、節目の年齢の時にお祝いをしていました。今もそれが続いているのです。人生の節目節目のお祝いです。

でも、現代は長寿社会です。例えば60歳はどうでしょう。まだまだ若いというイメージがあります。現役で働いている人も多いですので、長寿のお祝いの種類を口にすることもあまりありません。古希とか喜寿が難しいと思うのは当然の事かもしれません。

喜寿の次は何寿

喜寿の次の長寿のお祝いは傘寿です。喜寿は77歳。傘寿は80歳です。喜寿の次は、傘寿のお祝いになります。喜寿祝いの3年後に次の長寿のお祝いがやってきます。

喜寿は80歳ですか?

喜寿は77歳です。77歳の長寿のお祝いです。80歳を喜寿だと勘違いしている人がいらっしゃいますが、喜寿は77歳の長寿のお祝いです。名称にこだわる必要はないと思いますが、間違えないようにしましょう。

数え年か満年齢か

数え年でお祝いするのか?満年齢でお祝いするのか?を気にする人が多いですが、長寿のお祝いは昔できた風習です。昔は数え年でした。生まれた瞬間1歳という考え方。今はほとんどの人が満年齢の誕生日に長寿のお祝いをしています。法律じゃないんだから、そんなに厳密にこだわることないよネ。というのが本音みたいです。賛成です。お祝いしてあげることが大事なんです。神社での厄祓いは数え年で設定されています。神社ですから厳密です。神社にも長寿祝いの早見表や一覧の看板が出ています。全て数え歳になっていますヨ。七五三もかな。神社に行ったら確認してください。

年齢のお祝いって何?

長寿のお祝いのことです。年齢ごとのお祝いのことです。日本では昔から、一定の年齢に達するとお祝いをしていました。年長者を尊びいたわります。別名、歳祝いともいいますネ。長寿のお祝いと言ったほうが、わかりやすいかと思います。還暦、古希、喜寿、傘寿、米寿、卒寿、白寿が主なお祝いです。

今年、平成29年の歳祝い

還暦・昭和32年生まれ、古希・昭和23年生まれ、喜寿・昭和16年生まれ、傘寿・昭和13年生まれ、米寿・昭和5年生まれ、卒寿・昭和3年生まれ、白寿・大正8年生まれ、上寿・大正7年生まれ、茶寿・明治43年生まれ