誕生日の名前詩の作り方のコツ!バースデープレゼントにおすすめ

誕生日といえば、出産、赤ちゃん、子供、小学生、中学生、高校生、大学生、大人、父親、母親、祖父、祖母、親戚、長寿のお祝い、二十歳の記念を連想します。誕生日ですから、生まれてから、生きている間はずっと毎年毎年誕生日を迎えるはずです。ということで覚えておいて損はない誕生日プレゼントとしての名前詩の作り方のコツ。作り方を身につければ、いつか役に立つ時がきますし、一生使えます。




これだけは知っておきたい誕生日向け名前詩の作り方のコツ

名前詩のオーソドックスな用途として、誕生日プレゼントがあります。誕生日といっても相手も様々。誰にでも誕生日はありますから。100人の知り合いがいれば、1年で100回の誕生日が訪れているのです。お祝いをするかどうかは別にして。ですので、誕生日プレゼント用の名前詩の作り方を覚えておくと、とても重宝します。それでは作り方のコツをお教えします。

一番のコツは年齢を読み込むこと

誕生日向け名前詩のポイントは詩の中に年齢または年数を入れることです。60歳とか60年というふうに。年齢を入れることで誕生日の記念であることを、容易に表現することができるのです。それが下手な文章だとしてもです。

年齢を読み込むメリット

年齢自体に意味がある誕生日の場合は一生の記念になります。年齢や年数が最重要なわけです。例えば米寿のお祝い。88歳または88年という年数を読み込みます。こけだけで米寿のお祝いだということが表現できてしまうのです。長寿のお祝いは全てそうです。また、20歳も同様です。年齢自体に意味があります。記念の年齢は人生の節目で一生に1回しかありませんので重要です。

年齢を読み込んでおくと、それが何の記念、何のお祝いなのかが、ひと目でわかります。年齢は絶対に入れるようにしましょう。

年数自体が重要

記念日には年数自体が重要な要素になっているものが多く存在します。誕生日の場合は、年齢が重要です、長寿のお祝いの場合も同様で、60歳、70歳、77歳、80歳、88歳、90歳、99歳といった年数が重要です。そして結婚記念日も年数が大切ですね。25年、30年、35年、40年、45年、50年、55年。会社の場合は創業記念日というものがありますが、やはり年数が重要です。創業50周年といったものがあります。必要に応じて年数も読み込みましょう。

作者のメリット

年齢を入れることの作る側のメリットがあります。それは作詩が簡単になるということです。年齢を読み込んで作詩しますので、自然と詩も年齢に関連した文章になります。年齢ありきの付く方ができるわけです。お題があるので作詩が簡単になるということです。当サイト内の無料例文を見てもらえば、おわかりかと思います。年齢を読み込んで作るのと、年齢を読み込まないで作るのとでは、その創作難易度に雲泥の差が出ます。

年数を読み込む行

年齢は文章の2行目に読み込むと綺麗な文章になります。それと2行目に入れると読み調子が整い、リズムが生まれやすくなります。日本人が好きなパターンです。2行目というのは誕生日に限らず、年齢や年数を入れる時全てに当てはまります。下の例文は「あきこ」という88歳の母親への名前詩です。

笑顔の花が幸き、幸せが実るという縁起良い名前詩です。文末の「なり」はあえて古風な表現。というか…文章の締めの使い方として覚えると楽に名前詩が作れます。日本人だしね。

かるく輝く笑顔の花を
咲かせ続けて88年
ょうも幸せ実らせながら
元気に過ごすお母さん
ころ優しく家族を見守る
愛情豊かな母親なり

88年を八十八年にして、八の文字の色を変えるて「ハハ」と読ませるテクニックも使えます。サプライズポエムです。

かるく輝く笑顔の花を
咲かせ続けて
ょうも幸せ実らせながら
元気に過ごすお母さん
ころ優しく家族を見守る
愛情豊かな母親なり

注意点

年齢を読み込む時に、ひとつだけ注意すべき点があります。それは、デリケートなお年頃の人には不向きだということです。特に女性です。女性は年齢を気にします。女性へのバースデープレゼントの場合は注意が必要です。その場合は年齢は読み込みません。その人を傷つけるかもしれませんから。せっかくの誕生日なのにその人を傷つけるれ結果になってしまうかもしれません。一生忘れない嫌な思い出になってしまうかもしれません。言葉とは怖いものなのです。




相手を褒めるのがコツ

もうひとつのコツは相手を褒めた内容にすることです。多少大げさに褒めても大丈夫です。どんな人でも褒められると悪い気はしません。褒められて怒る人もいません。人は褒められると喜びます。自分を認めてくれていると思うのです。それがお世辞であってもです。

名前詩の基本はどんな用途であっても褒めた内容にするのが基本ですが、特に誕生日の場合はこれが効きます。女性への誕生日プレゼントの場合、その傾向が顕著です。自分を褒めてくれているポエムを見て、今まで嫌いだった自分の名前が好きになる人さえもいるのです。