アートという言葉はビジネスワードなのか!魂と心の表現!

巷でよく目にするアートという言葉。街のあちこちで見かけます。この、アートという言葉、時にとても安っぽく聞こえることもあります。

アートとは何でしょう?国語辞典を調べてみたところ、アートとは「芸術」「美術」のことだそうです。予想どおりの答えでした。

正真正銘、本物のアーティストが、無意識にさらりと使うアートという重みのある言葉と、そうでない人が日常頻繁に意識して重みを持たせて使うアートという途轍もなく軽々しい言葉。

同じ言葉なのに感じかたが全く違います。内面と表面の差でしょうか。その重みが驚くほど反比例しています。一般人の使うこの言葉に、何故、違和感があるのでしょうか。その理由は…。

商売道具として使うアートという言葉

何でもかんでもアートと言ってしまう風潮。アートという言い方をすれば、売れそうな感じがするのでしょう。アートという言葉を商売道具として使う傾向がとても強くなっているように感じます。

そもそも収入を得るために作った物をアートというのでしょうか。それをあたかも芸術品のように言ってしまうことに違和感があります。

作品と商品の違い

表現することを目的として生み出された作品。収入を得ることを目的として作られた商品。内容が全く違います。売るためだけの物を商品。無意識の表現を作品。作品と商品は全く異なりますね。作品を表現するのか、それとも商品を作るのか。何かを意識し狙って作った物は全て商品といえるのではないでしょうか。ほとんどの場合「何か」とは収入に結びつくもの、または収入そのものです。

アーティストは作品表現しかしないという綺麗ごと

商品という作り物。しかし天才は商品を意図し、狙って作ったとしても作品になります。何故ならば、それが天才だからです。有名なアーティストであっても商品を作る人もいるのです。これは商品だ!と。

アーティストも生きていくためには、商品も作らなければなりません。才能のある人の作った物ですから、商品として作った物でさえも、高値で取引されます。本人がそれを喜んでいるとは限りませんが。

本物のアーティストの作品なら高く売れるでしょう。特に有名アーティストの作品ほど、その傾向は顕著です。しかし大きく異る点は、商売道具として作ったかたどうかです。アート作品に関しては、収入はあとからついてくるものです。本物のアート作品もいずれは商売道具として利用されることもあるでしょう。しかしその意味は、素人のそれとは全く異なるのです。

有名俳優がアートと言い切った自作の変な陶器

あるテレビ番組で有名な俳優が陶器を作っていました。自分はグルメだと言い、おしいものしか食べないし、器にもこだわっているのだよ!と言っていました。魯山人にでもなった気でいるのでしょうか。

その俳優は陶器も好きらしく、アートを作ると言って、粘土をこね、ヘンテコな形のうつわのようなものを焼きました。そして出来上がった物はヘンテコな形のうつわのような物。

それを彼は「どうだアートだろ」「これがアートなんだよ」「なんでもいいんだよ」と得意気に言ってました。どう見ても、高評価を狙って作ったけど失敗した自己満足のゴミ。アート作品だと思っているのは本人ひとりだけ。ただのゴミ。単なるゴミ。

似たような陶器作品を想像して作ったのでしょう。どこかの陶器美術館に展示されていた作品を、自分の低レベルなセンスを信じて作ったのでしょう。その俳優が作ったゴミから感じ取れるものは何一つありませんでした。このようなゴミをアートとは言いません。単なるゴミです。ねんどのゴミです。粘土がもったいない。

アートの定義

アートから感じとれる物は魂です。心です。目に見えるものではありません。見えないものを作品として表現する人がアーティスト、作品化されたものがアートなのです。

作者が何かを表現しているのです。何かを…です。心に感じたことを表現する。それは言葉だったり、絵だったり、文字だったり、写真だったり、音楽だったりするのです。アート表現は特殊な能力なのです。

日々普通に何の不自由もなく暮らせる人にはアート表現はできません。なぜなら、普通でいられるからです。そうじゃない人は、自分を表現するための手段が必要なのです。それがアートなのです。アートとは特殊な能力なのです。魂の表現なのです。心の表現なのです。

美術館は感性を磨く場所

現代美術館が好きでよく行きます。無心で行きます。無心で作品を見ます。アーティストと呼ばれる人の作品から、何かを感じるために行きます。岡本太郎、草間彌生、奈良美智、棟方志功、寺山修司、宮澤賢治、ゴッホ、シャガール、ピカソ、クリムト、フェルメール。特殊な能力で魂を表現した物。それがアート作品です。作者の心が反映されているのです。

身近にもあるアート作品

無意識に書いた子供の絵も立派なアート作品です。上手に描くことを意識せずに描いた絵のことです。世間一般に上手な絵とは、写実的な絵を指すことが多いです。そして小学校の先生も含めて、大人は子供にもそれを求めます。子供に「ねらって描くことを教えだすのです」。それを教えられた子供は「ねらって描くようになります」。狙って描くと高評価だからです。褒めて貰えるからです。評価だけが気になるようになるのです。そして狙った絵しか描けない人になります。それが大人です。悲しいかな、心を表現することができなくなります。幼きあの日、あなたも表現者だったのです。小さなアーティスト達は、感性を失いそして大人になってゆくのです。

成長とともに消えてゆく表現手法

やがて成長し、理性も芽生え、言葉を使い、他人とコミュニケーションをとり、常識を理解し、大人になり、日々の不自由さも消え、普通に生きていくことができるようになる。その代償として、幼き頃の感性は消えるのです。魂の表現、心の表現をせずとも生きることができるため、魂を表現する必要もなくなり、成長とともにそれは消えてしまうのです。

貴重な存在

大人になって消えてしまう魂と心の表現手法。でもそれが消えない人達もいます。それがアーティストなのです。この世で貴重な存在なのです。子供の心のまま、感じたものを純粋に表現できる人。そしてその表現されたものは、再現することのできない奇跡という名のアートなのです。




Pocket
LINEで送る

誕生日の名前詩の作り方のコツ!バースデープレゼントにおすすめ

誕生日といえば、出産、赤ちゃん、子供、小学生、中学生、高校生、大学生、大人、父親、母親、祖父、祖母、親戚、長寿のお祝い、二十歳の記念を連想します。誕生日ですから、生まれてから、生きている間はずっと毎年毎年誕生日を迎えるはずです。ということで覚えておいて損はない誕生日プレゼントとしての名前詩の作り方のコツ。作り方を身につければ、いつか役に立つ時がきますし、一生使えます。

これだけは知っておきたい誕生日向け名前詩の作り方のコツ

名前詩のオーソドックスな用途として、誕生日プレゼントがあります。誕生日といっても相手も様々。誰にでも誕生日はありますから。100人の知り合いがいれば、1年で100回の誕生日が訪れているのです。お祝いをするかどうかは別にして。ですので、誕生日プレゼント用の名前詩の作り方を覚えておくと、とても重宝します。それでは作り方のコツをお教えします。

一番のコツは年齢を読み込むこと

誕生日向け名前詩のポイントは詩の中に年齢または年数を入れることです。60歳とか60年というふうに。年齢を入れることで誕生日の記念であることを、容易に表現することができるのです。それが下手な文章だとしてもです。

年齢を読み込むメリット

年齢自体に意味がある誕生日の場合は一生の記念になります。年齢や年数が最重要なわけです。例えば米寿のお祝い。88歳または88年という年数を読み込みます。こけだけで米寿のお祝いだということが表現できてしまうのです。長寿のお祝いは全てそうです。また、20歳も同様です。年齢自体に意味があります。記念の年齢は人生の節目で一生に1回しかありませんので重要です。

年齢を読み込んでおくと、それが何の記念、何のお祝いなのかが、ひと目でわかります。年齢は絶対に入れるようにしましょう。

年数自体が重要

記念日には年数自体が重要な要素になっているものが多く存在します。誕生日の場合は、年齢が重要です、長寿のお祝いの場合も同様で、60歳、70歳、77歳、80歳、88歳、90歳、99歳といった年数が重要です。そして結婚記念日も年数が大切ですね。25年、30年、35年、40年、45年、50年、55年。会社の場合は創業記念日というものがありますが、やはり年数が重要です。創業50周年といったものがあります。必要に応じて年数も読み込みましょう。

作者のメリット

年齢を入れることの作る側のメリットがあります。それは作詩が簡単になるということです。年齢を読み込んで作詩しますので、自然と詩も年齢に関連した文章になります。年齢ありきの付く方ができるわけです。お題があるので作詩が簡単になるということです。当サイト内の無料例文を見てもらえば、おわかりかと思います。年齢を読み込んで作るのと、年齢を読み込まないで作るのとでは、その創作難易度に雲泥の差が出ます。

年数を読み込む行

年齢は文章の2行目に読み込むと綺麗な文章になります。それと2行目に入れると読み調子が整い、リズムが生まれやすくなります。日本人が好きなパターンです。2行目というのは誕生日に限らず、年齢や年数を入れる時全てに当てはまります。下の例文は「あきこ」という88歳の母親への名前詩です。

笑顔の花が幸き、幸せが実るという縁起良い名前詩です。文末の「なり」はあえて古風な表現。というか…文章の締めの使い方として覚えると楽に名前詩が作れます。日本人だしね。

かるく輝く笑顔の花を
咲かせ続けて88年
ょうも幸せ実らせながら
元気に過ごすお母さん
ころ優しく家族を見守る
愛情豊かな母親なり

88年を八十八年にして、八の文字の色を変えるて「ハハ」と読ませるテクニックも使えます。サプライズポエムです。

かるく輝く笑顔の花を
咲かせ続けて
ょうも幸せ実らせながら
元気に過ごすお母さん
ころ優しく家族を見守る
愛情豊かな母親なり

注意点

年齢を読み込む時に、ひとつだけ注意すべき点があります。それは、デリケートなお年頃の人には不向きだということです。特に女性です。女性は年齢を気にします。女性へのバースデープレゼントの場合は注意が必要です。その場合は年齢は読み込みません。その人を傷つけるかもしれませんから。せっかくの誕生日なのにその人を傷つけるれ結果になってしまうかもしれません。一生忘れない嫌な思い出になってしまうかもしれません。言葉とは怖いものなのです。

相手を褒めるのがコツ

もうひとつのコツは相手を褒めた内容にすることです。多少大げさに褒めても大丈夫です。どんな人でも褒められると悪い気はしません。褒められて怒る人もいません。人は褒められると喜びます。自分を認めてくれていると思うのです。それがお世辞であってもです。

名前詩の基本はどんな用途であっても褒めた内容にするのが基本ですが、特に誕生日の場合はこれが効きます。女性への誕生日プレゼントの場合、その傾向が顕著です。自分を褒めてくれているポエムを見て、今まで嫌いだった自分の名前が好きになる人さえもいるのです。




Pocket
LINEで送る

名前詩の作り方のコツ!このふたつのコツを覚えれば簡単に作れる

名前詩の作り方を覚えようと「名前詩 作り方」というキーワードで検索し、このサイトにたどりついた人もたくさんいることでしょう。当サイトでは数多くの名前詩の例文を無料公開しているので、検索でヒットしやすくなっているようです。それだけ多くの人が名前詩の作り方を覚えようとしているのです。相手のことを一番よくわかっている人が作るからこそ「感動」するのです。自分で作りたいと思ったあなたの選択は決して間違いではありません。

作るのが難しそうな名前詩ですが、作ってみると実はとっても簡単に作れちゃうんです。名前詩の例文を参考に、まずは自分で作ってみましょう。

作りやすい名前で作るのがコツ

ポイントは、架空の人ではなく、実在する知り合いの名前で作ってみることです。しかも簡単な文字で構成された名前。例えば「いとうたかお」「あさかたつこ」といった名前です。いきなり創作難易度が高い「ぎ」「ざ」「る」が入っている名前で作ると、時間ばかりかかってしまい挫折します。初めて作るにもかかわらず、良い文章を作ろうとして、内容を吟味するあまり、リキみ過ぎ、頑張り過ぎる人も、力尽きるて挫折しますので気をつけましょう。

テーマを設定するのがコツ

そしてもうひとつ大切なことは、テーマを設定することです。いわゆるお題のことです。何のテーマも設定せずに、むやみやたらと作ろうとしても、ただ時間だけが過ぎてしまい、嫌になります。必ずテーマを設定しましょう。オーソドックスに、誕生日向けや金婚式向けといったギフト用途のテーマがオススメです。

名前詩の作品化も超簡単に出来る!

自己流で作った名前詩。作った時点では単なる文章。この文章に魂を込めて作品として完成させなければなりません。果たして素人にも素敵な作品を作ることは出来るのでしょうか?答えはイエス!しかも超簡単にできます。素敵な作品として仕上げることが出来るのです。

文字を書くのが苦手な人は鉛筆書き

一番簡単な方法は鉛筆書きです。鉛筆で紙に名前詩を書くだけです。小学生でも出来ます。そしてオプション。紙の種類と鉛筆の種類を変えるだけで、作品が変化してゆくことを感じることが出来るようになります。これが感性です。これを感じることが出来るようになると作品作りが楽しくなります。そしてあなたの感性が磨かれてゆきます。ケント紙や和紙のポストカードに4Bの鉛筆を使ったり、いろいろと変えてみるとグッドな作品が生まれます。

割り箸書き

墨を使いたい人は、割り箸がオススメ。筆を使うのはありふれているのと、準備や手入れが面倒。てっとり早く作品を作りたい人は割り箸を使います。やってみると味のある素敵な作品になります。




Pocket
LINEで送る