うしじまかなえ「お名前詩」敬老の日ポエム

敬老の日「うしじまかなえ」

敬老の日のプレゼント、母親への60歳の誕生日プレゼント、60歳のお祝い、母へのプレゼント

んと元気に一生懸命
つき重ねて六十年
だいに家族を
もり続ける
わらぬ心のお母さん
んども幸せ実らせながら
がおで過ごす母親なり

Pocket
LINEで送る

としこ「名前詩」

「コトノハヤ」のお名前詩例文公開サイト。「としこ」という母親、祖母、女性の名前を読み込んで作ったお名前詩、名前のあいうえお作文の例文です。

誕生日プレゼント、定年退職の贈り物、女性へのプレゼント、祖母へのプレゼントにどうぞ。アレンジの仕方を解説していますので、お名前詩の作り方をのコツを覚えることができます。

名前詩-としこ

としこさんという女性へのプレゼント-名前詩無料例文

どんな用途にでも利用できるように、年数や呼び名を入れずに作った名前詩です。としこさんをさりげなく少し大げさに褒めた内容のぶんしようにしていますので、誕生日プレゼント、母の日、長寿、入学、卒業、入社、転勤、退職、クリスマスプレゼント、成人式等に何にでもご利用になれます。岡山県-チャンスセンター様からの無料オーダー。

しこという名の明るい花は
幸せ溢れる福の花
ゅん夏秋冬輝きながら
季節を彩る愛の花
の世で一番眩しい存在
心優しく美し女性

上の名前詩を少しアレンジして自分流の名前詩に作り変えてみましょう。これをやると作り方のコツを覚えることができます。変えるのは最後の行、6行目の「心優しく美し女性」の「美し女性」の部分です。

「美し女性」ではなく、ここに漢字でとしこという名前を読み込んでみます。例えば「敏子さん」と入れてみます。すると「心優しく敏子さん」となりました。でもちょっと文章がおかしいてですね。「優しく」の部分に違和感がありますので、「優しく」の部分も入れ替えてしまいましょう。「優しい」に入れ替えます。

今度はどうでしょうか?「心優しい敏子さん」となりました。いい感じですね。では実際に存在するであろう、あなたのお知り合いの「としこ」というの漢字に入れ替えてみてください。まるでその人をうたったような名前詩になります。敏子、年子、俊子、寿子、淑子、壽子、登志子、利子。あなたのお知り合いのとしこさんはどの漢字ですか?

「としこ」お母さんへの勤続30年の定年退職贈り物-名前詩無料例文

栃木県-マナモちゃん様からのご依頼

しつき重ねて一生懸命
働き続けて三十年
あわせ実らせ頑張りながら
定年迎えたお母さん
ころ優しく家族を見守る
日本一の福の人

名前詩の作り方のコツを覚えるために、上の名前詩を自分流にアレンジしてみましょう。詩の一部の言葉を他の言葉に入れ替えるだけで、簡単にアレンジすることができます。ではやってみましょう。

入れ替える部分は「年数」と「呼び名」と最後の行の「福の人」です。他の言葉に入れ替えてみましょう。

まず「年数」からです。この詩は定年退職を表現した詩ですので、ここでの「年数」とは「勤続年数」のことをいいます。勤続年数とは「働いた年数」のことです。定年退職ですので、何十年かは働いていると思います。この勤続年数をあなたの母親「としこ」さんの勤続年数に入れ替えてみましょう。40年働いたのであれば40年、45年働いたのであれば45年に入れ替えるだけです。

次は「呼び名」を入れ替えます。普段母親を読んでいる「呼び名」に入れ替えてください。この「呼び名」を入れ替えると詩のイメージが大きく変わります。どのように変わるかというと、詩に親近感が生まれます。

上の例文には「お母さん」という呼び名を読み込んでいますが、例えばこれを「お母ちゃん」という呼び名に入れ替えます。詩の雰囲気が変わったことを実感できるはずです。

では今度は「母ちゃん」に入れ替えてみましょう。「定年迎えた母ちゃん」となりました。ちょっと違和感があります。「定年迎えた」のあとに一拍入ってしまいます。この一拍が違和感の原因です。

コトノハヤの名前詩は、コトノハヤ独自の創作方法で作っている「音読系名前詩」です。音読系名前詩という名称も、コトノハヤが考案しました。音読系名前詩とは、詩を読んだ時に自然にリズムがつくように調子を整えて作った名前詩のことです。調子を整えているので、誰が読んでもうまく読めてしまうのです。コトノハヤは何十年も前から、この音読系名前詩を作り続けています。マスコミも大絶賛の名前詩なのです。(マスコミ紹介実績)

上のように一拍入ってしまうと読み調子が崩れてしまいます。その結果呼んだ時に、読むコツが必要となり、スムーズに読みにくくなるのです。

ではどうすればよいのか?一拍の部分に言葉を入れて整えます。例えば「素敵な」を読み込んでみましょう。すると「定年迎えた素敵な母ちゃん」となりました。一拍が言葉に置き換わりましたので、無音の部分が消えて自然な感じになりましたね。

そして最後の行の「福の人」の部分は感じの名前を読み込みましょう。例えば「日本一の寿子さん」「日本一の俊子さん」となります。あなたの母親の名前と入れ替えるだけです。敏子、年子、俊子、寿子、淑子、壽子、登志子、利子。あなたの母親のとしこさんはどの漢字ですか?

「としこ」お母さんへの古希70歳の名前詩プレゼント

宮崎県-市長の親戚です様からの無料オーダー

おい道のり山越え谷越え
あるき続けて70年
あわせ育み実らせながら
人生重ねるお母さん
ころ優しく家族を見守る
日本一の母親なり

介護士としこさんへのプレゼント-名前詩例文

新潟県-魚沼のじさま達様からの無料オーダー

にかく明るい寿子さん
この場になくてはならぬ人
せつのみんなに愛され続ける
心優しい介護士さん
えも姿も全てが素敵
カラオケ好きのワシらのアイドル

「としこ」おばあちゃんへの米寿88歳のお祝い名前詩

宮城県仙台市-ランランランナーでんすけ様からの無料オーダー

ことん元気に一生懸命
年月重ねて88年
ゅん夏秋冬笑顔を咲かせ
季節を彩るおばあちゃん
ころ優しく家族を見守る
いつも素敵な母親なり

Pocket
LINEで送る

すぎやまはるか「お名前詩」誕生日ポエム

創作難易度の高い「ぎ」のつく名前「すぎやまはるか」で作った、言の葉屋(コトノハヤ)仙台太郎の誕生日ポエム。「ぎ」からはじまる言葉で誕生日ポエムに使えそうな単語は少ないので必然的に創作難易度が高くなります。

誕生日「すぎやまはるか」

祖母への80歳の誕生日プレゼント。東京都-フラワーショップ様からのご依頼。

こやか笑顔の花咲かせ
ん色輝き80年
ま越え野を越え
だまだ元気に
るかな道のり歩む人
いなき幸せみんなに与えた
ぞく思いのおばあちゃん

Pocket
LINEで送る

かわはらのり「お名前詩」敬老の日ポエム

お名前詩「かわはらのり」

母への87歳のお祝い、敬老の日のプレゼント、母へのプレゼント

がやき溢れる笑顔の花と
しあせ咲かせて八十七年
る夏秋冬家族を見守る
かわぬ心のお母さん
を越え山越え一生懸命
道の歩む母親なり

Pocket
LINEで送る

あきひろ-すみか「お名前詩」真珠婚式ポエム

真珠婚「あきひろ」「すみか」

両親への真珠婚式のプレゼント、結婚記念日のプレゼント、両親へのプレゼント

いし愛され支え合い
日重ねて六十一年
とつに結んだ
ここを深め
べてを分け合う理想の姿
つめ寄り添い仲睦まじく
がやき続ける父と母

Pocket
LINEで送る

おかむらりょう「お名前詩」誕生日ポエム

誕生日「おかむらりょう」

母親への61歳の誕生日プレゼント、母へのプレゼント、母の日のプレゼント

だやか明るい笑顔の花を
せ続けて六十一年
げんの幸せ
せながら
道の歩むお母さん
うも家族に愛情注ぐ
んと優しい母親なり

Pocket
LINEで送る

まさひこ-ひろみ「お名前詩」ルビー婚式ポエム(例文)

ルビー婚式「まさひこ」「ひろみ」

両親へのルビー婚式のプレゼント、結婚記念日のプレゼント、両親へのプレゼント

っすぐ一途に支え合い
ねた年月四十年
とつに結んだ
ころと心を
たすら深めた仲良き姿
こび実らせ分け合いながら
つめ寄り添う父と母

Pocket
LINEで送る

きよこ「お名前詩」母親ポエム(例文)

母へのプレゼント「きよこ」

母への75歳の誕生日プレゼント敬老の日のプレゼント

せつを重ねて一生懸命
幸せ咲かせて七十五年
うきに元気にその道のりを
笑顔で歩むお母さん
ころ優しく家族を見守る
日本一の母親なり

Pocket
LINEで送る

みづき「お名前詩」母へのプレゼント(例文)

誕生日プレゼント「みづき」

母への60歳のお祝い、還暦祝い、母へのプレゼント

ごとな幸せ実らせながら
季節を重ねて六十年
く道のり笑顔で歩む
明るく元気なお母さん
ょうも家族に優しさ注ぐ
日本一の母親なり

Pocket
LINEで送る

みかみたいと「お名前詩」あいうえお作文(誕生日例文)無料

お名前詩「みかみたいと」

父への60歳の誕生日プレゼント還暦祝い、父へのプレゼント

ちのり山越え谷を越え
さねた人生六十年
ごとな幸せ実らせ続ける
えず元気なお父さん
っしょう懸命家族を守る
ても立派な父親なり

Pocket
LINEで送る